千年前でも鮮やかな色彩!貴重な壁画を発見―新疆ウイグル自治区トルファン

配信日時:2009年10月4日 22時0分
  • 画像ID 222407
写真を大きなサイズで!
09年10月、新疆ウイグル自治区トルファン地区のベゼクリク(柏孜克里克)千仏堂で、約1000年前の壁画が見つかった。当時の鮮やかな色彩がそのまま残っているという。写真はベゼクリク千仏堂。
2009年10月、新疆ウイグル自治区トルファン地区のベゼクリク(柏孜克里克)千仏堂で、約千年前の壁画が見つかった。3日、新華網が伝えた。

そのほかの写真

ベゼクリク千仏堂では石窟補強工事のための準備作業が行われていたが、作業中にこの壁画が発見された。2人の子どもが水遊びをしている絵で、初歩的な鑑定では宋元時代の作品と見られている。トルファンの乾燥した気候と泥土の保護を受け、鮮やかな色彩がそのまま残されているという。

ベゼクリク千仏堂はムルトゥク川をのぞむ崖に掘られた仏教石窟寺院の遺跡。9〜10世紀に建造されたと見られ、57もの石窟が現存している。仏教の故事を描いたものなど壁画40点余りが発見されている。(翻訳・編集/KT)

関連記事:

古代の服飾や家具がカラーで再現、南宋代彩色壁画の剥離作業に成功―湖北省襄樊市

11月9日、湖北省襄樊市で、南宋代のものと見られる彩色壁画の剥離作業に成功、生き生きと描かれた20人以上の人物と日常生活の風景が現代によみがえった。描かれた服飾、家具類などは極めて高い研究価値があるという。

敦煌現代壁画盗難事件、現地警察が本格捜査開始―甘粛省敦煌市

7月28日、甘粛省にある世界遺産「敦煌莫高窟」の石窟内に保存してあった創作壁画「薬師菩薩像」が盗まれた事件で27日、敦煌市公安局の刑警大隊がすでに本格捜査に乗り出したと発表。写真は敦煌莫高窟。

シルクロード遺跡を守れ!予算大幅増額で修復・保護事業進む―新疆ウイグル自治区トルファン市

4月、新疆ウイグル自治区トルファン市の重要遺跡・交河故城は、土で形成された遺跡としては国内最大規模の修復プロジェクトを進めている。中国政府は05年に約38億9000万円を投じ、シルクロード沿線の遺跡修復プロジェクトを開始している。

「植物界のパンダ」野生イネを発見―広西チワン族自治区梧州市

09年9月、広西チワン族自治区梧州市で野生イネが見つかった。野生のイネは現在、消失の危機に瀕しており、「植物界のパンダ」とも呼ばれているという。写真は05年に浙江省の上山遺跡で見つかった新石器時代のイネ。

もはや怪獣です……遼寧省?で体長16メートルの大蛇発見!―中国

2009年9月、「遼寧省で体長16メートルの大蛇発見」というニュースがネット掲示板に書き込まれ、話題となっている。驚くべきニュースだが、あまりに嘘くさいとネットユーザーは疑っている。写真は掲載された写真。
おすすめ記事
  • 最新
  • 時事
  • 国際
  • 社会
  • スポーツ
  • エンタメ
  • 地域
  • 経済
  • 文化
  • 広場
  • 話題
最新ニュースはこちら

文化トピックス

[PR]注目キーワード

SNS話題記事

文化アクセスランキング

最新ニュース