トップ >

中国で再評価される「文革時代」、毛沢東や革命劇が人気に―米紙

配信日時:2009年6月19日 7時46分
  • 画像ID 208584
  • cfp383791789.jpg
そのほかの写真
写真を大きなサイズで!
15日、米紙は中国で毛沢東や革命劇など文革時代の人や事物が再び人気となっていると伝えた。写真は革命歌劇「白毛女」。
2009年6月16日、新華網によると、ワシントン・ポストは15日、中国で毛沢東や革命劇など文革時代の人や事物が再び人気となっていると伝えた。

記事によると、近年来、中国で毛沢東時代を懐かしむブームが起きており、若者の間ではかつて紅衛兵がかぶっていた帽子が人気となっているほか、文化大革命をテーマとしたレストランが人気を呼び、レトロチックな「革命劇」にも注目が集まっているという。

文化大革命の時期に唯一公認された娯楽が、「革命模範劇」とされる革命劇8作品で、現在でも共産主義時代を象徴する存在となっている。かつて毛沢東は民衆による大衆芸術を強く推進したとされるが、時代が移り変わった現代でも革命劇は上映され、多くの人々の注目を集めており、毛沢東の目論見は成功したとも言える。

しかし、資本主義に反対する内容の革命劇が、資本主義の“商品”として上演されるのは皮肉とも言えるかもしれない。(翻訳・編集/岡田)
  • 最新記事

注目記事

[PR]注目キーワード

レコードチャイナのおすすめ

[PR]注目キーワード

写真ランキング