教育 2647 件

<大学の国際化(下)>有力大「MARCH」「関関同立」、グループ内で明暗―「ランキング至上主義」に弊害も

「スーパーグローバル化大学」への応募は全体で104大学に上ったが、選考過程で37大学に絞られた。特に明暗がはっきりしたのは「牽引型」。「MARCH」と称される東京都内の有力5私大と関西地区の4大私大「関関同立」の各グループ内で明暗が分かれた。写真は東大。

<大学の国際化(上)>アジアトップ10に日本は2校だけ―政府が危機感、重点支援「スーパーグローバル大学」選定

文部科学省は大学の国際化に向けて重点支援する「スーパーグローバル大学」37校を選定した。世界大学ランキングで100位以内を目指す「トップ型」に東大、京大など13校、国際化を牽引する「グローバル化牽引型」に金沢大や立命館大など24校を選んだ。写真は東大。

アニメ先進国の日本に学べ!中国の高校生のアニメ留学事情―中国紙

11日、日本は国際的にもアニメ技術が最も成熟した国のひとつ。「NARUTO」「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」「鉄腕アトム」「一休さん」など、多くのアニメ作品が世界中で高い知名度を誇っている。資料写真。

中国人留学生数が世界最多に、多くが帰国後の就職希望―中国メディア

11日、中国人留学生数は世界一だという。資料写真。

研究開発分野で中国が韓国をリード、世界の研究者に引用された論文4倍以上―韓国メディア

12日、世界の研究者に引用された中国の論文は韓国の4倍以上で、研究開発費や研究型大学数でも韓国を大きくリードしている。資料写真。

世界に広がる孔子学院、展開10年で126の国・地域に、1億人が中国語学ぶ―中国メディア

7日、中国政府が中国語と中国文化を世界に広げるために展開している「孔子学院」が10周年を迎えた。これまでに世界126の国・地域に475カ所の孔子学院を設立しており、中国語学習者は1億人に上る。写真は山東省の孔子廟。

中国が超大型ロケットの開発を計画、宇宙探査能力を強化へ―中国メディア

9日、長征シリーズのロケットによる200回目の打ち上げを記念し開かれた、革新と発展をテーマとする座談会で発表された情報によると、中国は現在、未来の宇宙事業の発展の需要を満たすため、超大型ロケットの開発を検討しているという。資料写真。

新疆ウイグル自治区の文化財修復保存を支える日本人―中国メディア

8日、シルクロードがここのところ、国内外で話題となっている。国連教育科学文化機関によってシルクロードが世界遺産に認定されたことも大きな要因の一つである。写真は新疆ウイグル自治区に分布する石窟。

円安でますます魅力に、中国人学生が日本に留学する理由―中国メディア

4日、東方網留学フォーラムに記事「中国人留学生が日本留学を選ぶメリットとは?」が掲載された。日中文化の共通性、留学費用の安さが魅力だという。写真は中国の大学構内に貼られた留学の広告。

中国の国語教科書、革命題材の作品減って大きく変化―中国紙

26日、王さんがこのほど、小学生の甥っ子の国語の教科書をめくってみたところ、自分が子供の頃に教室で親しんだ名作がひとつも無くなってしまったことに気づいた。写真は中国の小学生。

日本人の読書神器「文庫本」、発祥は日本ではなかった―中国紙

28日、日本人の読書好きはよく知られている。一方の手でつり革につかまり、もう片方の手には本を持ち、電車の揺れに身を任せ、読書に集中している乗客の様子は、日本の地下鉄車内の典型的な光景だ。

トンデモ抗日戦争ドラマに新作登場、「ありえない!」と批判殺到―中国

28日、中国網は抗日戦争ドラマのトンデモ演出を取り上げた。飛行機の翼にしがみついた兵士が籠から爆弾を投げて敵を倒すというシーンに「ありえない」との批判が殺到している。

中国、15年は50万人以上が海外留学へ=中高大学生が主体、国内の高等教育に見切りも―独紙

24日、独紙ディ・ヴェルトは「『静かな革命』のさなかにある中国の中高大学生」と題する記事を掲載した。資料写真。

中国では富豪80%が子供の留学を計画、資産が多いほど低年齢化の傾向も―中国メディア

25日、民間経済研究所の胡潤(ルパート・フーゲワーフ)研究院が今月22日に中信銀行と共同で発表した「2014年海外教育特別報告」によると、中国の富豪の80%が、子供に国外で教育を受けさせる計画を立てている。写真はイートン・カレッジ。

アニメをきっかけに日本を研究する中国の青年=「好きだから追究する」―中国メディア

18日、人民網は、日本アニメがきっかけで日本について学ぶようになった中国人の青年を紹介した。

最高学府・北京大学の副教授、女子留学生との不適切な関係を暴露され、党籍はく奪処分に―中国

20日、北京大学の副教授が女子留学生と不適切な関係にあったとの理由で党籍はく奪処分を受けていたことが分かった。写真は北京大学。

晴れた日にしかできないテスト、学生1200人が校庭で一斉受験、教員80人が望遠鏡で監視―中国

17日、陝西省宝鶏市の専門学校の校庭でこのほど、学生約1200人が参加した学力テストが行われた。教員80人が望遠鏡やビデオカメラを準備し、試験監督に臨んだ。

幼稚園からお受験戦争の中国、当局が「小学校化」を厳しく批判―中国紙

15日、中国教育部、国家発展改革委員会、財政部が公表した「就学前教育3年活動計画に関する意見書」は、幼稚園の小学校化を厳しく禁じる内容となっている。写真は北京の幼稚園。

米大学院に留学する中国人学生が初めて減少、中国政府の反腐敗キャンペーンが影響か―英紙

13日、米大学院協議会がこのほど発表した報告書から、米国の大学院へ留学する中国人学生が過去10年で初めて減少したことが明らかになった。写真はハーバード大学。

こんな大学生活はいやだ?残念な大学に共通する10大特徴が話題に―中国

7日、中国版ツイッターにこのほどアップされた「残念な大学に共通する10大特徴!あなたはどのくらい残念?」と題する投稿が、ネットユーザの注目を集めている。

教師の体罰、親の呼び出し…学校が原因で自殺する子供が急増―中国

8日、中国で子供たちの自殺が相次いでいる。学校で教師から授業態度の悪さなどを責められたことが自殺の原因だという。資料写真。

世の中にあふれる「疑似科学」、その真相やいかに=「自白剤」の効果は?―中国メディア

4日、「犬が1年生きるのは人間が7年生きるのに相当する」。「夢遊病の人を決して起こしてはならない」。私たちが疑いもしない常識の中にも根拠のない「疑似科学」はたくさんある。科学にまつわる誤解と豆知識をまとめた。

韓国の囲碁専門高校が論議、「利発な子供はもともと利発」―中国紙

6日、近年、囲碁界は中国や韓国から次々と発掘される若手棋士によって活況を呈しているが、関係者は普及の面から幼年囲碁を原動力とし、最終的に囲碁の隆盛へとつなげる考えだ。

中国が伝統文化を重視、小中学校の教材改訂、大学入試で英語の得点配分削減へ―米紙

6日、中国政府は小中学校の教材を改訂し、中国哲学や文学など中国の伝統文化と関連する内容の増強を計画している。写真は中国の子ども。

日本の魅力は変わらない、日中関係悪化は中国の日本語教育市場にさほど影響せず―中国紙

7日、尖閣問題などによる日中関係の悪化を受け、両国の経済・文化交流には大きな影響が出ているが、日本語教育市場への影響は限定的となっている。

文化トピックス

SNS話題記事

文化アクセスランキング

最新ニュース