コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

ジャッキー・チェン、死亡カメラマンの遺族に1500万円=「知らんぷり」批判に反論―中国メディア

配信日時:2015年1月1日(木) 16時13分
ジャッキー・チェン、死亡カメラマンの遺族に1500万円=「知らんぷり」批判に反論―中国メディア
画像ID  449189
31日、撮影中のカメラマン死亡事故で、ジャッキー・チェンが無関心を決め込んでいるとの批判に反論。遺族を援助していることを明らかにした。写真はジャッキー・チェン。
2014年12月31日、撮影中のカメラマン死亡事故で、ジャッキー・チェンが無関心を決め込んでいるとの批判に反論。遺族を援助していることを明らかにした。新浪が伝えた。

今月17日未明、ジャッキーの最新作「SKIPTRACE」の撮影中に、カメラマン男性がボートから落ちて溺死する事故が発生した。このほど香港の街中に、「陳港生の素顔」とジャッキーの本名をタイトルにした大量の貼り紙が登場。ここには、「他人には60万香港ドル(約930万円)を遺族に寄付させておきながら、自分は関係ないかのように金を出さない」と、ジャッキーへの批判が書かれていた。

31日、映画の製作会社が声明文を発表し、ジャッキーがカメラマンの遺族に対し、100万香港ドル(約1500万円)を渡したことを明らかに。さらに声明文では、「あらゆる方法で遺族が悲しみと困難を乗り越える手助けをする」とジャッキーの意思を伝えている。

この声明文については、香港専業映画カメラマン学会もコメントを発表。死亡したカメラマンの遺族を、ジャッキーは確かに援助していることを明らかにしている。(翻訳・編集/Mathilda)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>