ラジオやテレビでネット用語・造語の使用を禁止、違反には厳しい処分で対応―中国

配信日時:2014年12月1日(月) 20時24分
ラジオやテレビでネット用語・造語の使用を禁止、違反には厳しい処分で対応―中国
画像ID  445175
29日、中国の国家新聞出版広電総局はこのほど、テレビやラジオの番組、CMなどでネット用語や造語の使用を禁ずる規定を、全関係機関に通達した。資料写真。
2014年11月29日、中国の国家新聞出版広電総局(以下は広電総局)はこのほど、テレビやラジオの番組、CMなどでネット用語や造語の使用を禁ずる規定を、全関係機関に通達した。中国紙・新京報が伝えた。

広電総局のホームページに掲載された「ラジオ・テレビ番組とCMにおける国家通用言語と文字の使用に関する通知」によると、ネット上で生まれた新語や造語、故意に改ざんされた慣用句や成語の使用が今後禁止となる。「何を言っているのかわからない」といった視聴者、聴視者からの苦情に、広電総局が応じたものだ。

中国では最近、ネット用語や若者の間で流行している造語などの氾濫が社会問題になっており、これらの言葉をメディアが使用することは「国家通用言語文字法」や「広播電視法」に抵触する行為となる。今回の規定では、故意に違反をしたメディアとその責任者に対し、厳しい処分が下されることになる。(翻訳・編集/本郷)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事