日本人が中国に対して「良くない印象をもっている」のはなぜ?侵略されたの、こっちなのに…―中国メディア

配信日時:2014年10月22日(水) 3時10分
日本人が中国に対して「良くない印象をもっている」のはなぜ?侵略されたの、こっちなのに…―中国メディア
画像ID  440150
20日、この記事の題名を見て、おかしいと思った中国人もいるだろう。歴史的には、侵略され、被害を受けたのは中国人のはずで、中国人が日本に反感を持つのは理にかなっているが、なぜ日本人が中国や中国人に反感を持っているのだろう?写真は新宿。
2014年10月20日、この記事の題名を見て、おかしいと思った中国人もいるだろう。歴史的には、侵略され、被害を受けたのは中国人のはずで、中国人が日本に反感を持つのは理にかなっているが、なぜ日本人が中国や中国人に反感を持っているのだろう?新華網が伝えた

しかし、これは紛れもない事実なのだ。中国日報の報道によると、日中両国が共同で実施した世論調査の結果、中国に対して「良くない印象をもっている」と答えた日本人の割合は93%に達し、過去10年間で最悪の結果となった。

一方、日本に対して「良くない印象をもっている」と答えた中国人の割合は6ポイント減少し、86.8%となった。日本人の対中感情は悪化しているが、中国人の対日感情はやや好転し、日本旅行へ出かける人もますます増えている。このコントラストは興味深い。

▼日本人はなぜ中国に「良くない印象をもっている」のだろう?

日本人の嫌中と聞いて、多くの人が「尖閣問題」「靖国参拝」「歴史問題」といった両国の外交面の問題で両国関係が膠着状態に陥ったため、国民感情もこれに影響を受けているのだと考えるだろう。しかし実際はそうではない。

日本の国民は国家外交に対してそれほど関心を持っておらず、社会問題や国際問題への見方は政府の外交的立場にそれほど影響を受けない。領土問題に関しては政府と同じ見方を持っているが、他の多くの議題をめぐっては、一般人の意見は必ずしも政府の意見と一致しているわけではないのだ。例えば、日本の多くのメディアも安倍首相の靖国参拝に反対している。政府に対して批判的立場をとり続けてきたメディアだけでなく、米国メディアに「安倍政権の御用メディア」とまで言われた日本紙までが安倍首相の参拝に反対の立場を表明している。

日本人の「嫌中」は、狭隘な民族主義と暴動に対する反感からきている。日本人は特に暴動に対して反感を抱いている。ある調査によると、日本人の対中感情は、中国の街中で発生した反日暴動事件に大きな影響を受けている。中国の日本企業や日本車が受けた被害や、中国人の日本人に対する非友好的な態度がメディアによって報じられると、日本人は大きなショックを受け、中国への反感も急上昇する。

もう1つの理由は、環境問題や食品安全問題といった中国社会が抱える現実問題に対する懸念だ。今、日本企業の職員が北京に派遣されることになると、周りの同僚から羨ましがられるのではなく、同情されるという。日本人の多くは、大気汚染が深刻で、環境も悪く、食の安全も守られていない北京は、非常に恐ろしい環境だと感じている。随行の日本語通訳に聞くと、こうした影響を受け、中国旅行をする人が減っているだけでなく、中国語を学ぶ日本の若者も減っている。

内閣府が2008年12月6日に発表した世論調査の結果によると、中国に対して「よい印象をもっている」とした日本人は2007年の同調査より2.2ポイント減の31.8%となり、1978年に同調査が始まって以来最低となった。この時の対中感情悪化は、中国の毒ギョーザ事件の影響によるものだった。中国食品の安全問題がこの時初めて日本人にとって大きな懸念となったのだ。

日本人の中国人に対する見方など、気にしなければいいのかもしれない。しかし、日本人の対中感情の背景にある中国に密接に関わるさまざまな社会問題は避けて通れないものだ。(提供/人民網日本語版・翻訳/SN・編集/武藤)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<







/body>