コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

日本に行ったら絶対に買うべき12の“神薬”とは?―中国メディア

配信日時:2014年10月21日(火) 5時15分
日本に行ったら絶対に買うべき12の“神薬”とは?―中国メディア
画像ID  440033
17日、中国メディアは「日本に行ったら買わねばならない12の医薬品」と題した記事を掲載した。
2014年10月17日、中国メディア・捜狐は「日本に行ったら買わねばならない12の医薬品」と題した記事を掲載した。以下はその概要。

ちょっとした怪我や病気でいちいち病院に行っていたら、時間とお金を無駄に使うことになる。そんな時、家に日本のよく効く家庭常備薬があれば、大いに助かる。そこで、日本に行ったらぜひ買っておくべき医薬品を以下に紹介する。

1.目薬
参天製薬のサンテボーティエ。ローズの香りで、香水のような高級感あふれるボトルデザイン。疲れ目や充血によく効く。

2.消炎鎮痛剤
小林製薬のアンメルツヨコヨコ。肩こりや腰痛に効いて、塗りやすい形状。

3.液体絆創膏
小林製薬のサカムケア。消毒作用があり、傷口が水に濡れても大丈夫。

4.冷却剤
小林製薬の熱さまシート。赤ちゃんから大人までの急な発熱に即使用できる。

5.頭痛薬
エスエス製薬のイブクイック頭痛薬。早く効いて胃にやさしい。熱にも効く。

6.消炎鎮痛剤
久光製薬のサロンパス。日本で一番売れているプラスター。

7.角質軟化剤
小林製薬のニノキュア。二の腕などのブツブツを治す。

8.L―システイン製剤
エスエス製薬のハイチオールC。シミ、そばかすに効く。

9.便秘薬
皇漢堂製薬のビューラックA。長きにわたって販売されている信頼のブランド。

10.口内炎薬
大正製薬の口内炎パッチ大正A。貼るタイプの治療薬。無味で舌炎にも。

11.女性保健薬
小林製薬の命の母A。更年期障害で悩む女性には最適の薬。

12.のどの薬
龍角散。咳やのどの痛み、荒れに水なしで服用できる。(翻訳・編集/本郷)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する