恐怖のゴキブリ“テロ”?100kgって…、身の毛もよだつ超大量発生―四川省

配信日時:2007年7月9日(月) 15時48分
恐怖のゴキブリ“テロ”?100kgって…、身の毛もよだつ超大量発生―四川省
画像ID  76031
2007年7月7日、四川省のある公務員宿舎でゴキブリが大量発生した。薬剤散布により大半が逃げたが、集められたその死骸は優に100kgを超えていた…。
2007年7月7日、四川省ラン中市の公務員宿舎でゴキブリが大量発生した。地元のマスコミが駆けつけた時、すでに薬剤散布により死んだゴキブリが片付けられているところだったが、集められたその死骸は優に100kgを超えていた。もはや何匹発生したなどと想像がつくレベルではないのだ。

発生直後の様子についてある住民は「もう戦場としか言いようがありません。まさに、び〜っしり、思い出しただけでも身の毛がよだつ」と話す。「殺虫剤を撒いたのでほとんどがどこかに逃げてしまい、死骸はほんの一部」という。じゃあ、残りはどこへ消えた?

同市は連日の大雨に加えて気温が上昇し、湿度が高い状態が続いていた。どうやら宿舎のゴミ収集所がゴキブリとネズミの温床になっていたようだ。2年ほど前から発生が確認されていたが、まさか突然、これほど大量発生するとは住民たちも思わなかったという。

警察や疾病予防センターをも動かす騒動となり、薬剤が散布され、集められたゴキブリの“山”は焼却処分された。(翻訳・編集/WF)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<







/body>