日本生まれの「援助交際」が米国の女子大生の間でブームに!「名前を変えた売春か?」で議論―中国メディア

配信日時:2014年10月2日(木) 5時15分
日本生まれの「援助交際」が米国の女子大生の間でブームに!「名前を変えた売春か?」で議論―中国メディア
画像ID  437712
29日、中国メディア・環球時報は、米国で女子大学生による援助交際がブームになっており、メディアなどで援助交際が名前を変えた売春かどうかが議論になっていると報じた。資料写真。
2014年9月29日、中国メディア・環球時報は、米国で女子大生による援助交際がブームになっており、メディアなどで「援助交際は名前を変えた売春か」が議論になっていると報じた。

その他の写真

「援助交際」は日本が起源の言葉で、日本では比較的よく見られる行為である。その援助交際が現在、米国の女子大学生の間でブームになっているという。

プリンストン大学の卒業生が撮影した「パパが愛人とデート」と題するドキュメンタリー映画が最近、大きな話題になった。この映画は、援助交際をしている女子大学生などの生活を記録した内容で、一般上映されていないものの、米国の主要マスコミが取り上げ、援助交際に関して大きな議論を巻き起こした。

映画の中のある女子大生は「将来は法学教授か学者になりたい」と夢を語り、援助交際をしている理由については「(金銭の心配をしないで)学業に専念するため」と答えた。映画には、現役の女子大生3人と卒業して数年が経過した女性2人が登場している。

米国の大学生は、以前はスーパーやレストランでアルバイトをして学費や生活費を稼いでいた。しかし現在は、もっと楽にお金を稼げる援助交際に注目が集まっている。援助交際専門のサイトがすでに数多く存在しており、米誌ニューズウィークによると、その中でも特に有名な援交サイト「Seeking Arrangement」には360万人もの会員が登録している。

こうしたサイトで女子大生が援助交際を行う目的は、学費や生活費などを稼ぐためが最も多いが、大学卒業後に理想の就職先が見つからず、援助交際に頼って生活を維持している女性も多い。一方、男性は年齢が比較的高く、ほとんどが結婚しているものの、若い女性を援助して「良き師、良き友」の関係を確立したいとの目的があるという。

「Seeking Arrangement」によると、サイトでカップルが成立した女性の相手男性からの月平均収入は3000ドルほど。サイト側は「話やお供をしたりするだけで、性的なサービスは提供していない」と強調する。ある女子大学生は「性的サービスは援助交際の一部分」と語る。彼女は男性に月3回の性的サービスを提供し、毎月1500ドルの援助を受けていたが、性的サービスを中止したため、援助額を月1000ドルに減額されたという。

ニューズウィーク誌は「援助交際は売春か、それとも最新の交際モデルか」と問いかけ、大きな議論となった。援助交際の推進派は「若い女性が彼女の時間をレンタルし、年長の男性のお供をするだけのこと。両者ともに大きなメリットがある」と主張する。一方、反対派は「援助交際は売春と同じ。親は子供の選択を受け入れられないだろう」と語る。

ある弁護士は「他人のお供をして報酬を得る行為は違法ではないが、米国のほとんどの州では性的サービスの提供は犯罪行為に属する」と指摘する。ただし、ほとんどの援交サイトは「性的サービスの提供には関与していない」と宣言しているため、米国の現行の法律では援交サイトを制限できない。

多くの援交サイトが売春のイメージをカモフラージュするために「有名校の大学生が多数登録メンバーに」などを宣伝文句に使っているという。赤裸々な性的サービスの宣伝文句は表に現れていないものの、多くのパパの最終目的は、若い女子大生とベッドを共にすることにあることは間違いない。(翻訳・編集/HA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事