<仁川アジア大会>韓国サイト、メダルランキングの基準をコロコロ変更=中国ネット「もうどうでもいい」

配信日時:2014年9月29日(月) 20時35分
<仁川アジア大会>韓国サイト、メダルランキングの基準をコロコロ変更=中国ネット「もうどうでもいい」
画像ID  437531
25日、中国版ツイッターに「仁川アジア大会で起きたとんでもないこと」と題する書き込みが登場した。写真は開会式。
2014年9月25日、中国版ツイッターに「仁川アジア大会で起きたとんでもないこと」と題する書き込みが登場した。その中の1つに、韓国のネイバーのウェブサイト上に表示されたメダル数ランキングがある。

アジア大会開幕の序盤、韓国が金メダル7個、銀メダル6個、銅メダル6個の合計19個のメダルを獲得した時点で、中国は金メダル8個、銀メダル3個、銅メダル6個の合計17個だった。この時点で、ネイバーのメダル数ランキングは「合計獲得数」によって決められていたため、韓国が1位だった。

しかし、それからしばらくして、韓国が金メダル13個、銀メダル11個、銅メダル10個の合計34個、中国が金メダル13個、銀メダル10個、銅メダル12個の合計35個になると、今度は突如、「金メダル獲得数」に準じたランキングに変更され、またしても韓国が1位となった。なお、現在は「金メダル獲得数」のままとなっている。

こうした状況に、中国版ツイッターでは不満や嘲笑の声が高まっている。以下はその一部。

「韓国人は本当に度量が狭いな」
「韓国は恥知らず最強国家」
「宇宙は韓国のものニダ」

「この際、ランキングなんかやめて、金メダルを全部自国の選手に配れよ」
「次の(平昌)五輪ではもっとひどいことが起きるに違いない」
「こうでなければ韓国じゃない!心の準備はできていた。もっとも、またしても韓国は予想を超えてきたけど」

「メダルランキングといい空調問題といい、韓国はせせこましい」
「すでにこの国への好感度はマイナスになっている。上昇の見込みもない」
「もう、メダルなんてどうでもいいから、選手には安全に帰ってきてほしい」(翻訳・編集/TK)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事