中国人になぜ日本旅行が人気なのか=「安」「近」に加え「正真正銘の海外旅行先」―中国メディア

配信日時:2014年8月25日(月) 6時48分
中国人になぜ日本旅行が人気なのか=「安」「近」に加え「正真正銘の海外旅行先」―中国メディア
画像ID  433397
24日、中国メディアは、中国人に日本旅行が人気の理由について、「安い」「近い」に加えて「正真正銘の海外旅行先とみなされること」を指摘した。写真は富士山。
2014年8月24日、中国メディアは、中国人に日本旅行が人気の理由について、「安い」「近い」に加えて「正真正銘の海外旅行先とみなされること」を指摘した。

日本の観光庁が7月31日に公表した「訪日外国人消費動向調査」によると、13年に訪日した外国人客のうち、1人当たり支出が最も多いのは中国人で、その額は20万9898円に上る。香港(14万1351円)、台湾(11万1956円)、韓国(8万529円)、米国(17万368円)をはるかに上回り、消費意欲は旺盛だ。

中国人客は、初訪日の割合が国・地域別で最も高い。パッケージツアーでの訪日が全体の6割を占めるのも、国・地域別で最高だ。

13年の訪日外国人数は、韓国が最も多く、以下、台湾、中国、香港の順だった。14年上半期の訪日外国人数は前年同期比26.4%増えている。中国人は同88.2%増の100万9200人で、台湾と韓国に次ぎ、3番目に多い。緊迫する政治情勢に関係なく、訪日客は大幅に増加している。

なぜ中国人に日本旅行が好まれるのか。距離的に近く、旅費も比較的安いことが挙げられるが、“正真正銘の海外旅行先”とみなされることも理由の一つだ。(翻訳・編集/NY)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事