コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

障害を持つ子どもは捨てられる…中国における心身障害者の実態―独メディア

配信日時:2014年8月8日(金) 6時30分
障害を持つ子どもは捨てられる…中国における心身障害者の実態―独メディア
画像ID  431392
29日、独ベルリン・ツァイトゥング紙はこのほど、中国における心身障害者の実態を伝えた。写真は国際障害者デーのポスター。
2014年7月29日、独国際ラジオ放送ドイチェ・ヴェレの中国語サイトによると、社会的弱者である心身障害者の中国における実態に関する記事を、独ベルリン・ツァイトゥング紙が掲載した。中国では何らかの障害が見つかった子どもの多くは親に捨てられてしまうという。

広州に設置された赤ちゃんポストは、捨てられる子どもの数があまりに多かったため、わずか2カ月で閉鎖されることとなった。生まれたばかりの赤ちゃんから6歳児まで、毎日平均5人、2カ月の間に262人の子どもが捨てられたが、その全員が何らかの障害を持っていた。

北京師範大学公益研究院の王振耀(ワン・ジェンヤオ)院長は、「障害児の親は、子どものためにいろいろなことをしてやり、お金を使ってもどうにもならず、絶望してどうしてよいかわからなくなったところに、赤ちゃんポストの存在を知るのです。彼らが子どもを赤ちゃんポストに置いていくのは正しいとしか言えない。昔のように道ばたに捨てるのではないのだから」と話す。

王院長によると、現在中国には捨てられた子どもが約10万人いるが、全国合わせて600カ所足らずしかない孤児院で暮らしており、毎年1万人を超す子どもが捨てられているとみられている。その大部分が心身障害を持っているが、中国ではホームケア(家庭看護)はまだ一般的ではない。

中国には現在、8300万人以上もの障害者がいるとされるが、2007年の統計以降の数は不明となっている。大部分は高齢者で、孤独な日々を送っている。障害者の4分の3は農村に暮らしている。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事