あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

米キャスターが再び中国人を侮辱する発言、中国系議員も抗議―仏メディア

配信日時:2014年7月29日(火) 23時0分
米キャスターが再び中国人を侮辱する発言、中国系議員も抗議―仏メディア
画像ID  430303
27日、FOXニュースのキャスターが中国人を侮辱するような発言を繰り返すなど、米国の中国系住民がテレビ番組のコメントに抗議することが増えている。写真はロサンゼルスのチャイナタウン。
2014年7月27日、仏国際ラジオ放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)中国語サイトは、米国の中国系住民はテレビ司会者の無神経な発言にプライドを傷つけられることがあると伝えた。

米FOXニュースのキャスター、ボブ・ベッケル氏は10日、トーク番組で「中国人は米国の国家安全における最大の脅威だ」と発言し、差別的な意味合いを持つ「チャイナマン」という表現を使って「中国人は恩を仇で返す」と侮辱的に語った。

ベッケル氏はその後、「発言が一部の人を不快にさせた」と謝罪したが、「中国に関する自身の発言に関しての謝罪ではない」と言明。さらに「中国は米国の安全と経済に多くの危険をもたらす」と重ねて警告した。

米国の中国系政治家や団体の多くがベッケル氏の辞職を要求する声明を発表。その中には米連邦議会で初の中国系女性議員となった民主党のジュディ・チュー(趙美心)氏も含まれている。中国系住民はこれまでにもCNNやABCなどのニュースキャスターの発言に対して抗議集会を行っている。(翻訳・編集/岡田)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事