コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

ジャッキー・チェン最新作「DRAGON BLADE」、ジョン・キューザックの爆弾発言も―中国

配信日時:2014年6月16日(月) 16時22分
ジャッキー・チェン最新作「DRAGON BLADE」、ジョン・キューザックの爆弾発言も―中国
画像ID  425355
15日、開催中の第17回上海国際映画祭で、ジャッキー・チェンの最新主演作「DRAGON BLADE」の製作発表会が行われた。
2014年6月15日、開催中の第17回上海国際映画祭で、ジャッキー・チェンの最新主演作「DRAGON BLADE」(中国語タイトル:天将雄師)の製作発表会が行われた。新浪が伝えた。

ダニエル・リー(李仁港)監督、ジャッキー・チェン主演の「DRAGON BLADE」は、製作費6500万ドル(約66億円)と発表され、中国映画としては過去最高額となる。中国の前漢期が物語の舞台で、ジャッキーが演じるのは匈奴に捕えられ奴隷に身を落とした漢軍の将軍役。ジョン・キューザックは2010年の「シャンハイ」に続く中国映画への出演で、ローマ軍の将軍役を演じる。このほか、「戦場のピアニスト」のオスカー俳優、エイドリアン・ブロディの出演も発表されている。

15日、「DRAGON BLADE」の製作発表会には、ブロディを除くメーンキャストが勢揃い。キューザックによると、映画の半分は撮り終え、残りの半分は中国・敦煌や新疆の砂漠地帯などでロケが行われる。炎天下の砂漠での撮影は過酷なものになるため、覚悟はしているという。

ローマ軍の将軍役ということで、ジャッキーがキャスティングの際に出したのは、「気品と威厳がある」「体格のいいイケメン」という二大条件だった。この条件に適ったキューザックについては、「大満足だ」と語っている。

20代の頃から格闘技を学んできたキューザックは、ジャッキーとの共演が大きな夢だったと語る。47歳のキューザックが、今年ちょうど還暦のジャッキーについて、「彼の作品は小さい頃から見てきた」とコメント。ジャッキーがかなり「高齢」ということを示すこ同コメントに通訳は戸惑いを見せていたが、ジャッキー自ら「いいから訳して!」と催促し、激励。会場の笑いを誘っていた。(翻訳・編集/Mathilda)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事