韓国で相次ぐ原発トラブル、制御棒に問題で稼働停止―中国メディア

配信日時:2014年6月9日(月) 21時19分
韓国で相次ぐ原発トラブル、制御棒に問題で稼働停止―中国メディア
画像ID  424590
9日、韓国水力原子力発電は慶尚北道のハヌル原子力発電所1号機を制御棒に問題が発生したため運転を停止したと発表した。資料写真。
2014年6月9日、韓国水力原子力発電(KHNP)は慶尚北道のハヌル原子力発電所1号機を制御棒に問題が発生したため運転を停止したと発表した。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

KHNP関係者は事故原因を調査している。韓国では原発23基のうち、現在5基が運転を停止したことになる。うち3基は定期検査のためで、1基は使用期限の30年を超えたため。

韓国政府は相次ぐ原発トラブルで一部の原発を停止したため、電力需要のピーク時に電力不足が起きる懸念が出ている。夏場のピークを控えた時期だが、KHNPは「夏季の電力供給に影響はない」としている。(翻訳・編集/AA)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事