コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国の最低賃金基準、最高は上海の3万円、最低は貴州―中国紙

配信日時:2014年5月26日(月) 19時34分
中国の最低賃金基準、最高は上海の3万円、最低は貴州―中国紙
画像ID  422919
25日、スイスでこのほど、月給4000フラン(約46万円)の最低賃金を導入するかどうかを決める国民投票が行われた。中国各地の最低賃金水準はどうなっているのだろう?資料写真。
2014年5月25日、スイスでこのほど、月給4000フラン(約46万円)の最低賃金を導入するかどうかを決める国民投票が行われた。この金額は米国の最低賃金の2倍以上に達する。ところで中国各地の最低賃金水準はどうなっているのだろう?揚子晩報が伝えた。

▼最低賃金の確定方法

最低賃金を確定するにあたっては、一般的に都市住民の生活費用、従業員の社会保険料、住宅積立金、平均賃金、失業率、経済発展水準などの要素が考慮される。中国の規定によると、最低賃金基準は、最低月給基準と最低時給基準に分けられ、最低月給基準は全日制の労働者に、最低時給基準は非全日制の労働者に適用される。各地区の最低賃金基準は最低2年に一度は見直しされる。

▼中国最高は上海、最低は貴州

関連資料によると、2014年現在、全国で最低月給基準が最も高い都市は上海で、1820元(約2万9700円)となった。逆に最も低い都市は貴州で1030元(約1万6800円)だった。注目すべきは、2014年2月1日より深センの最低賃金基準が1808元(約2万9500円)に引き上げられ、上海に続く全国2位となったことだ。西部の各省(区、市)を見ると、新疆の最低賃金が最も高く、1520元(約2万4800円)だった。これは東部の浙江省や江蘇省などをも上回る。(提供/人民網日本語版・翻訳/SN・編集/武藤)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事