韓国旅客船のエンジン故障、ほとんどの乗客は気付かず―韓国メディア

配信日時:2014年5月9日(金) 20時59分
韓国旅客船のエンジン故障、ほとんどの乗客は気付かず―韓国メディア
画像ID  420955
9日、韓国・聯合ニュースによると、海上でエンジンが故障した韓国の国際旅客船・CK−STAR号について、ほとんどの乗客が故障が起きていたことに気付いていなかったという。資料写真。
2014年5月9日、韓国・聯合ニュースによると、8日正午過ぎ、韓国忠清南道泰安郡近興面の格列飛列島付近の海上でエンジンが故障した韓国の国際旅客船・CK−STAR号は、同日午後8時50分ごろ目的地の韓国平沢港に無事に到着した。環球網が伝えた。

報道によると、7日午後5時に江蘇省を出港した船は、8日午後4時30分に平沢港に到着する予定だったが、2つあるエンジンのうちの1つが航行中に故障。韓国海洋警察の警備艇とヘリコプターが現場に駆け付けた。

乗船していた703人のうち、中国人を含むツアー客が458人いた。情報によると、船会社の韓国連雲港輪渡会社は、乗客に対して1度だけエンジンの故障を知らせる船内放送を行ったが、避難命令などはなかったため、多くの乗客が気付いていなかったという。ある中国人乗客は「9日の午後3〜4時に、韓国メディアの報道でエンジンが故障していたことを知った」と話している。(翻訳・編集/北田
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事