コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

北京大学、16億円拠出し日本から漢籍2万余点を買い戻し=最大の叢書も―中国メディア

配信日時:2014年5月5日(月) 8時8分
北京大学、16億円拠出し日本から漢籍2万余点を買い戻し=最大の叢書も―中国メディア
画像ID  420367
4日、新京報によると、中国の北京大学図書館で3日、「大倉文庫」善本展が行われ、日本から買い戻した漢籍2万点余りが一般公開された。写真は北京大学内の未名湖。
2014年5月4日、新京報によると、中国の北京大学図書館で3日、「大倉文庫」善本展が行われ、日本から買い戻した漢籍2万点余りが一般公開された。展示は4日午後4時までで、閲覧希望者は以後、事前予約が必要になる。

北京大学は1億元(約16億3000万円)以上を拠出し、日本から「大倉蔵書」931種、2万8143冊を買い戻した。内訳は、中国の古書716部、2万6260冊、日本の古書187部、2546冊、朝鮮の古書1部、2冊。

蔵書には、清朝の乾隆帝の勅命により編纂された中国最大の漢籍叢書『四庫全書』の「進呈本」も含まれている。全国から集められた「進呈本」や「採進本」は翰林院に所蔵されていたが、その後の戦乱で紛失するなどしたため、現存するのは世界中に300種余り。大倉文庫には、「翰林院印」の古書25種が含まれ、その一部は失われた後に再現された孤本だという。(翻訳・編集/NY)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事