コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓国の造船受注量が70%の大幅減、中国が再び世界シェア1位に―韓国メディア

配信日時:2014年4月8日(火) 7時50分
韓国の造船受注量が70%の大幅減、中国が再び世界シェア1位に―韓国メディア
画像ID  417126
6日、英クラークソンの発表した統計から、14年3月における韓国造船企業の受注量が前年同期比70.1%も減少したことが明らかになった。中国造船企業の受注量は世界全体の54.9%を占め、再び首位に返り咲いた。写真は江蘇省の造船所。
2014年4月6日、韓国の聯合ニュースによると、造船や海運の動向を分析している英クラークソンが同日発表した統計から、14年3月における韓国造船企業の受注量が43万4774CGTで、前年同期比70.1%も減少したことが明らかになった。中国新聞社が伝えた。

韓国造船業の受注が大幅に減少した一方で、中国造船企業の受注量は104万8306CGTとなり、世界全体の受注量の54.9%を占め、市場で再び首位に返り咲いた。韓国のシェアは22.8%で2位。3位はシェア9.1%の日本。

14年1−2月は韓国造船企業が2カ月連続で受注量が世界最多だったが、3月が大幅減となったことにより、14年第1四半期(1−3月)の受注量は韓国が403万3622CGTで、シェア37.4%。中国は429万5319CGTで、シェア39.8%だった。

しかし、業界関係者によると、中国企業の受注量が増加したとはいえ、第1四半期における韓国企業の船舶受注は2013年と比べて全体的に良好で、海洋プラントの需要も増加していることから、14年の業績見通しは悲観的なものにはならないと予想されている。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する
<







/body>