コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国人観光客が日本を称賛!「中国では2日に1回なのに、日本では1カ月に1回だなんて」―中国ネット

配信日時:2014年3月25日(火) 7時10分
中国人観光客が日本を称賛!「中国では2日に1回なのに、日本では1カ月に1回だなんて」―中国ネット
画像ID  415400
24日、河北省出身の若い男性が、ツアー旅行で日本を訪れた際に感じた環境の良さについて、自身のブログにつづっている。写真は青空の日本とスモッグに覆われる中国。
2014年3月24日、河北省出身の若い男性が、ツアー旅行で日本を訪れた際に感じた環境の良さについて、自身のブログにつづっている。以下はその概要。

今回の日本旅行は、私にとって生まれて初めての海外旅行だ。ワクワクしながら北京首都交際空港から飛び立った。このとき、北京は晴れていたが、空気はとてつもなく悪かった。

飛行機が日本の上空に差し掛かったときに窓の外を見た。日本の空は濃い青色をしているのが印象的だった。空港を出て感じたのは、何と言っても空気の良さだ。とても爽快で気持ちが良く、肺に空気を入れることが楽しみでさえあった。私は5年以上アレルギー性の鼻炎を患っており、空気にはとても敏感なのだ。

また、道路が清潔なことも印象深かった。空港の窓から見えた高速道路は“異常”なほどきれいだった。京都の街では野生の鳥が飛び交い、流れる小川は澄み、川底が見えるほどだ。子どものころ、田舎にあった小川はまだ水遊びができたが、現在は汚染物質の流れ道だ。わざと比べようとしたわけではなく、この景色に懐かしいような錯覚を覚えたのだ。工業、経済が高度に発達した日本でも、まだこのような美しい川が流れているとは、称賛せずにはいられない。

日本に来て数日、目に入る自動車はどれも新品のようにきれいで、ボディーは鏡のように輝き、空を漂う雲を映し出していた。空気には塵が混じっていないため、車が汚れることもない。ガイドによると、日本では洗車は月に1度くらいだという。私は中国で2日間洗車しなかった車が、黄色い砂で覆い尽くされている様子を思い出し、悲しくなった。

帰国し、北京の空港に降り立つと、そこは太陽を遮断するスモッグに飲み込まれていた。空気中を舞う塵にむせかえったとき、私は「帰ってきた」と実感した。それと同時に、6日間もろ過機能を停止していた自分の肺が、フルパワーで動き出すのを感じた。日本、それは夢のなかの世界だった。(翻訳・編集/北田
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する