日本旅行で“素養”身に付けた中国人、帰国後「頭がおかしい」と思われる―中国ネットユーザー

配信日時:2014年2月8日(土) 8時7分
日本旅行で“素養”身に付けた中国人、帰国後「頭がおかしい」と思われる―中国ネットユーザー
画像ID  410001
7日、日本を旅行したある中国人が、帰国後、周りから奇異な目で見られた体験を、自身のブログにつづった。写真は日本の信号。
2014年2月7日、日本を旅行したある中国人女性が、帰国後、周りから奇異な目で見られた体験を、自身のブログにつづった。以下はその概要。

その他の写真

メイドカフェのメッカと言われる秋葉原を訪れると、路上にたくさんのメイド姿の女の子がいた。それぞれのメイド服はみなデザインが違い、色鮮やかで目移りしてしまう。来る前に、自由に写真を撮っていいと聞いていたのだが、撮ろうとするとみな避けたり、顔を押さえたりした……残念。

夜の居酒屋は、ほとんどが仕事を終えたサラリーマンだった。私はこれを見て、以前聞いた話を思い出した。日本の男性は仕事が終わってもまっすぐ家に帰らない。もし仕事が終わって、まっすぐ家に帰ろうものなら、奥さんに「社交性がない」とバカにされる。だから、彼らは居酒屋で同僚と酒を飲み、千鳥足で帰宅する。これでこそ、奥さんは「できる男だ」と思うのだという。中国人の間で、「結婚するなら日本人女性」と言われる理由の1つはこれかもしれない。

中国で生活していると、信号はあって無いようなものだ。誰も気にしたりはせず、車が来ていなければ道を渡るし、来ていてもその間を縫うように渡る。しかし、ここでは違う。たとえ車が来ておらず、渡ろうとする道がどんなに狭くても、赤信号であれば渡る人はいない。これぞ素養というものだ。私ももちろんこれに倣った。

6日後、中国に戻った私は、交通量の少ない場所で日本にいたときと同じように信号待ちをしていた。すると、1人のおじいさんが私の目の前で、赤信号を無視して道を渡り始めた。おじいさんはしばらく進んで振り返ると、いぶかしげな顔で私を見た。おそらく、「頭がおかしい」と思ったのだろう。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事