マクドナルドをボイコットせよ!在米韓国人が怒りの宣言=居座り客追い出し事件で―韓国紙

配信日時:2014年1月20日(月) 11時2分
マクドナルドをボイコットせよ!在米韓国人が怒りの宣言=居座り客追い出し事件で―韓国紙
画像ID  407826
18日、ニューヨークのマクドナルドの店舗が韓国系の客が長時間居座り続けているとして警察に通報した事件を受け、韓国人団体が抗議集会を開いた。2月にマクドナルドに対して1カ月間のボイコットを実施することも明らかにしている。写真はニューヨークのマクドナルド。
2014年1月18日、韓国紙・朝鮮日報(電子版)によると、米ニューヨークでファストフードチェーン大手・マクドナルドのある店舗が「客が長時間居座り続けている」として警察に通報し、60〜70歳とみられる韓国系の老人を店から追い出した。19日付でチャイナネットが伝えた。

場所はニューヨークで韓国系が最も多く住んでいるフラッシング。マクドナルド側は店のテーブルに「20分以上の利用は避けて欲しい」と注意書きがあることを老人客に示したが無視され、「韓国系の老人客6人が長時間にわたって店内に居続け、正常な営業の妨げになっている」としてやむを得ず警察に通報したという。

マクドナルドの対応は「高齢者は敬うべし」とする韓国人にとって相容れないものであり、ニューヨークの複数の韓国人団体がこの事件を受け、問題の起きた店の前で抗議集会を開いた。さらに、2月には「人種差別と老人差別を行うマクドナルドに対して1カ月間のボイコットを実施する」ことを明らかにしている。

ニューヨーク市立大学クイーンズ校の行った調査では、2010年の時点で米国には韓国系住民が141万人おり、60歳以上は14万人余り。第1世代の移民は米国社会に溶け込むことができず、仲間内で集まって世間話をすることが唯一の楽しみになっているという。

ニューヨーク・タイムズは「問題の韓国系の老人たちは店を自分の部屋のように振る舞っており、コーヒーやフライドポテトを1〜2ドルで購入するだけで数時間、あるいはまる1日居座り続けることが多く、昨年11月からすでに4回も通報されていた」と伝えている。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事