コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

海上軍事力の強化もくろむ中国、無人船の開発・製造に力入れる―香港紙

配信日時:2013年12月9日(月) 8時40分
海上軍事力の強化もくろむ中国、無人船の開発・製造に力入れる―香港紙
画像ID  403410
5日、香港紙はロボット艦船の研究開発に対する中国政府の資金投入が急激に拡大していると指摘した。写真は中国海軍の演習。
2013年12月5日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、ロボット艦船の研究開発に対する中国政府の資金投入が急激に拡大していると指摘した。過去数年間、無人の高速艦船を開発・製造するために、一流大学や研究機関が設立した専門チームは少なくとも15個に上る。環球時報が伝えた。

ハルビン工程大学のロボット艦船専門家である馬忠麗(マー・ジョンリー)教授によると、中国政府は過去数十年間、無人航空機に巨額の資金を投入してきた。無人艦船の利用価値と戦略的な重要性が注目され始めたのは最近になってからのこと。軍当局はこの種の船舶の情報収集能力と海上戦での敵砲撃のおとりとしての利用価値に着目している。

馬教授の研究チームの最大の課題は、より高画質で安定した画像を撮影するシステムを開発することだ。そのシステムによって、無人艦船が遭遇した物体を識別する。

「関連技術は一般的な無人機で使用されいるものよりも大幅に複雑。無人機の方が安定しているからだ。この技術の難問を突破できなければ、無人艦船の量産を進めることはできない」と馬教授は指摘した。(翻訳・編集/XC)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事