「米国を本気にさせてしまった」米爆撃機の防空識別圏飛行に対する中国人の反響―中国

配信日時:2013年11月27日(水) 9時1分
「米国を本気にさせてしまった」米爆撃機の防空識別圏飛行に対する中国人の反響―中国
画像ID  402495
26日、米ラジオ局ボイスオブアメリカ中国語版は、米軍の爆撃機が中国の策定した東シナ海の防空識別圏を訓練飛行したと報じた。中国メディアは現時点では報じていないが、中国ネットユーザーは敏感に反応している。画像は中国策定の防空識別圏。
2013年11月26日、米ラジオ局ボイスオブアメリカ中国語版は、米軍の爆撃機が中国の策定した東シナ海の防空識別圏を訓練飛行したと報じた。

米国防総省によると、25日夜(米東部時間)、米軍の爆撃機が尖閣諸島付近で通常演習を実施した。米メディアによると、飛行したのはB-52が2機。同空域は中国が策定した防空識別圏内で、事前申請なしに飛行した場合には強硬手段をとると警告されていたが、米軍機は事前申請なしに飛行。中国側からの照会は受けなかったという。

中国メディアはまだこのニュースを報じていないが、ソーシャルメディアでは海外メディアの記事が翻訳、紹介されている。

ネットユーザーの書き込みを見ると、爆弾などを搭載しなかった、護衛の戦闘機がついていなかった、飛行したのが旧式のB-52だったことを挙げ、米国は腰が引けていると皮肉る意見。許しがたい挑発だとの怒りの声。米国はツラの皮が厚すぎるなどと当てこする声。米軍が中国の防空識別圏に侵入したなら中国は日本の防空識別圏に侵入しかえせなどと強硬な意見が多い。一方でわずかながらも中国の一連の行動が米国を本気にさせてしまったのではと懸念する書き込みもあった。(翻訳・編集/KT)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<







/body>