コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

「中国に親しみ感じない」過去最高の8割、関係回復のきざしも―中国メディア

配信日時:2013年11月24日(日) 17時6分
「中国に親しみ感じない」過去最高の8割、関係回復のきざしも―中国メディア
画像ID  402226
23日、環球網は、日本の内閣府が発表した「外交に関する世論調査」において、中国に「親しみを感じない」と答えた人が80.7%となり、1978年の調査開始以来、過去最高を更新したと伝えた。
2013年11月23日、環球網は、日本メディアの報道として、日本の内閣府が発表した「外交に関する世論調査」において、中国に「親しみを感じない」と答えた人が80.7%となり、1978年の調査開始以来、過去最高を更新したと伝えた。

一方で、中国に対し「親しみを感じる」「どちらかというと親しみを感じる」とした人は18.1%で、前回よりも0.1ポイント上昇した。日中関係を「良好」「まあ良好」と答えた人も2ポイント増の6.8%だった。これに対し「良好だと思わない」「あまり良好だと思わない」は1.8ポイント減の91%だった。調査結果からは、わずからながらも日中関係改善のきざしがうかがえた。

韓国に対しては「親しみを感じる」「どちらかというと親しみを感じる」とした人は40.7%で、前回より1.5ポイント上昇。「親しみを感じない」「どちらかというと親しみを感じない」とした人は1ポイント減の58%だった。昨年韓国大統領が竹島に上陸したことで「親しみを感じない」とした人が半数にのぼったが、今回の調査結果もその影響をひきずった形となった。(翻訳・編集/YM)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事