コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

「ブッダ・マウンテン 希望と祈りの旅」チェン・ボーリンに聞く―「いろいろなジャンルに挑戦したい」

配信日時:2013年10月2日(水) 20時0分
「ブッダ・マウンテン 希望と祈りの旅」チェン・ボーリンに聞く―「いろいろなジャンルに挑戦したい」
画像ID  397722
30日、中国映画「ブッダ・マウンテン 希望と祈りの旅」主演の台湾人俳優チェン・ボーリン(陳柏霖)が公開に合わせて来日し、インタビューに応えた。「今後も方向を絞らず、いろいろなジャンルに挑戦したい」と意欲を見せた。
2013年9月30日、中国映画「ブッダ・マウンテン 希望と祈りの旅」主演の台湾人俳優チェン・ボーリン(陳柏霖)が公開に合わせて来日し、インタビューに応えた。デビュー作「藍色夏恋」から11年。台湾、中国、香港と中華圏で幅広く活動を続け「今後も方向を絞らず、いろいろなジャンルに挑戦したい」と意欲を見せた。

舞台は中国四川省。息子を亡くした京劇女優(シルビア・チャン=張艾嘉)と、共同生活する若者3人の交流を描く。中国の女性監督、リー・ユー(李玉)がメガホンを取り、第23回東京国際映画祭(10年)で最優秀芸術貢献賞を獲得。共演のファン・ビンビン(范冰冰)は最優秀女優賞を受賞した。

主なやり取りは次の通り。

──撮影から3年。やっと日本で公開された。

今(日本版の)予告編を見たら、3年前と少し違う印象を受けた。それまで演じたことがないキャラクターで、撮影時は役に入り込んでいた。自分ももう30歳を過ぎたけれど、どれだけ時間がたっても素晴らしい作品だ。

──四川省が舞台で、役の生い立ちも背景も自分と大きく異なる。どう理解し、表現したのか。

脚本をしっかり読み込み、
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事