あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

3割以上の日本女性、専業主婦になることを望む―中国メディア

配信日時:2013年9月29日(日) 9時59分
3割以上の日本女性、専業主婦になることを望む―中国メディア
画像ID  397321
26日、日本の厚生労動省の調査によると、政府は女性の労働参加を奨励しているが、自らの意志で結婚後に専業主婦になった女性の割合は依然として3分の1に達しているとのことだ。資料写真。
2013年9月26日、日本の厚生労動省の調査によると、政府は女性の労働参加を奨励しているが、自らの意志で結婚後に専業主婦になった女性の割合は依然として3分の1に達しているとのことだ。

この調査は15歳から39歳の女性3000人をアンケートの対象としており、34%の回答者は結婚後仕事をすることを望まず、仕事を続けたいとする女性の割合はわずか38%で、残りの女性はどちらでも構わないという結果を明らかにしている。

また、別の世論調査の結果によると、5分の1の未婚男性のみが専業主婦の受け入れを望んでいると表明したことを明らかに示している。

その他に、多くの女性はお金持ちに嫁ぐことを期待しているわけではない。40%を上回る回答者が、理想的な生活とは毎月20〜30万円稼げる夫に稼ぎ、一種の中流ではあるが安定的な生活を送ることだということを示している。

日本では、専業主婦の話題は伝統的な家庭観と関連しているが、ここ数年、経済の振るわない現実が一部の専門家に女性が社会復帰して働くことを奨励させる傾向にある。国際通貨基金(IMF)総裁であるクリスティーナ・ラガルド氏を含む数人の経済学専門家は、もっと多くの日本人女性が職場復帰を望めば、日本経済は現在のこのような慢性的な低迷状態から抜け出すことができるだろうと断言したことがある。

「ベビーブーム」世代の退職年齢への突入、出生率の低下などの原因の影響を受け、日本の労働力の規模は緊縮する傾向が現れている。以前、政府が一連の女性の職場復帰を奨励する計画を打ち出したが、効果は明らかではなかったという。(提供/新華網日本語版・翻訳/謝艶・編集/武藤)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事