あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

潘基文国連事務総長「発言は日本を名指ししたものではない」―中国メディア

配信日時:2013年8月29日(木) 17時40分
潘基文国連事務総長「発言は日本を名指ししたものではない」―中国メディア
画像ID  395179
29日、日本メディアによると、国連の潘基文事務総長は、28日に日本の松山政司外務副大臣と会見した際、自身が26日の記者会見で「歴史問題で深い反省が必要」と発言したことについて、「日本を名指ししたものではない」と釈明した。写真は潘基文事務総長。
2013年8月29日、日本メディアによると、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は、28日に日本の松山政司外務副大臣と会見した際、自身が26日の記者会見で「歴史問題で深い反省が必要」と発言したことについて、「日本を名指ししたものではない」と釈明した。国際在線が伝えた。

日本の外務省によると、潘事務総長は「私の発言は中立的なもので、日本を名指ししたものではない。私の発言が日本に誤解を与え、メディアで大々的に報じられたことは非常に遺憾だ。安倍政権の歴史認識の立場や、平和国家である日本のこれまでの努力について、私は十分に理解している」と述べた。

さらに潘事務総長は「日中韓3カ国は、東アジアの平和的安定と国際社会において重要な国だ。3カ国のリーダーは、過去に起きたことを十分に理解した上で、問題を克服する努力をすべきだ」とした。

潘事務総長は26日の記者会見で、日本と韓国・中国の緊張状態について「政治指導者が正しく歴史を認識することで、他国からの尊重と信頼を得られる」などと発言していた。(翻訳・編集/北田)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事