コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

「抗日の歴史、中韓の貴重な財産」=首脳会談で友好関係深化へ―韓国紙

配信日時:2013年6月27日(木) 0時7分
「抗日の歴史、中韓の貴重な財産」=首脳会談で友好関係深化へ―韓国紙
画像ID  390333
25日、韓国・京郷新聞は、「抗日の歴史は中韓の貴重な財産だ」とする記事を掲載した。写真は中国山東省で開かれた愛国主義教育イベント。
2013年6月25日、韓国・京郷新聞は、「抗日の歴史は中韓の貴重な財産だ」とする記事を掲載した。環球時報(電子版)が伝えた。以下はその概要。

韓国独立運動の闘士は20世紀初め、中国の上海、柳州、重慶などに韓国の臨時政府を樹立した。その後、臨時政府の遺構は中国に引き継がれ、復元されて公開された。上海市中心部にある「韓国臨時政府記念館」には、毎年30万人が訪れる。うち中国人が半数を占めるという。

中国には韓国の独立運動に関する各種記念館、展示館などが20カ所以上ある。これらの施設は毎年例会を開いており、筆者も参加する機会を得た。現場にいた中国人と韓国人は、独立運動を通じて心がつながり、深く共鳴した。

中国人の中には、韓国の独立運動と中国の抗日運動はともに歴史的感情で共通しており、両国の友好拡大に寄与すると主張する者もいる。朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪中により、友好関係は一層深まるだろう。両国の歴史的共通は貴重な財産になると考える。(翻訳・編集/AA)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事