コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

太っている人ほど太りやすいわけ、東大研究チームが解明―中国メディア

配信日時:2013年6月4日(火) 21時48分
太っている人ほど太りやすいわけ、東大研究チームが解明―中国メディア
画像ID  386962
3日、東京大学の佐藤隆一郎教授らの研究チームは、「脂肪が多い人は新たな脂肪を形成しやすくなる」という研究結果を発表した。この成果は米オンライン科学誌「PLoS ONE」に掲載されたと新華社が伝えた。写真は重慶市に住む男性。
2013年6月3日、肥満に悩む人はよく「水を飲むだけでも太る」と不満を口にするが、太っている人ほど太りやすいのはなぜだろう?東京大学の佐藤隆一郎教授らの研究チームはこのほど、「脂肪細胞内に存在する脂肪滴は、中性脂肪を合成する遺伝子を活性化させ、この結果、より多くの脂肪滴が形成されるという悪循環に陥っているため、脂肪が多い人は新たな脂肪を形成しやすくなる」という研究結果を発表した。この成果は米オンライン科学誌「PLoS ONE」に掲載されたと新華社が伝えた。

脂肪滴は脂肪細胞の大部分を占めるもので、中性脂肪が主に蓄積されている。これまでの研究により、脂肪細胞は脂肪滴を大量に形成し続け、これが脂肪の蓄積を招き、肥満の元になることが判明していたが、詳しいメカニズムが明らかにされたのは今回が初めて。

今回の研究は、脂肪滴表面タンパク質・ペリリピンを欠損させ、脂肪滴の数を減少させたマウスを用いて行われた。その結果、脂肪生産過程で重要な役割を演じる転写因子SREBP-1が活性化されなかった。

一方、ペリリピンを遺伝子導入し、脂肪滴の数を回復させたマウスは、SREBP-1が活性化し、脂肪蓄積量も増加した。

研究者は「脂肪滴は脂肪の合成を促進し、脂肪が形成されると今度は脂肪滴が増加する。この循環がさらなる肥満をもたらすメカニズムである。この循環を阻止する薬剤を開発できれば、肥満の防止につながる可能性がある」との見方を示す。(提供/人民網日本語版・翻訳/SN・編集/武藤)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事