給料すべて偽札で泣き寝入り―重慶市

配信日時:2007年4月14日(土) 14時45分
給料すべて偽札で泣き寝入り―重慶市
画像ID  66108
2007年4月12日、重慶市の曽さんは2日前に給料として受け取った7枚の100元札(約1500円)がすべて偽札だったと警察に届け出た。7枚はすべて同じ番号「CC81594721」、警察に証拠品として没収された。
2007年4月12日、重慶市の曽さんは2日前に給料として受け取った7枚の100元札(約1500円)がすべて偽札だったと警察に届け出た。7枚はすべて同じ番号「CC81594721」で、警察は事件の証拠品として没収した。

曽さんによると、4月10日に働いている縫製工場から月給をもらい、2日後にその札で買い物をしようとして偽札に気づいた、だから給料が怪しいという。しかし縫製工場の経理担当者の話では、給料を手渡した際、9枚の100元札を一旦曽さんに支払った上で、社長への借金返済としてそこから200元返してもらった、この200元は偽札ではなかったから支払った札に問題はないはず、しかも受け取ったその場で何も言わなかったし、2日たってから言い出すのはおかしい、と主張する。

法律の専門家によると、通貨はその性質上、市民がたとえ偽札をつかまされても責任を追求する相手が見つからないのが現実、つまり泣き寝入りするしかない、ということだ。(翻訳編集・WF)

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事