トウ小平の孫が広西チワン族自治区の副県長に就任―中国

配信日時:2013年5月4日(土) 11時20分
トウ小平の孫が広西チワン族自治区の副県長に就任―中国
画像ID  382411
3日、トウ小平の孫・トウ卓棣氏が中国広西チワン族自治区百色市平果県の副県長に就任したことが分かった。
2013年5月3日、元中国最高指導者トウ小平の孫・トウ卓棣(デン・ジュオディー)氏が中国広西チワン族自治区百色市平果県の副県長に就任したことが分かった。新民晩報が伝えた。

トウ卓棣氏はトウ小平の一番下の息子・トウ質方氏の一人息子で、28歳と伝えられている。平果県政府で改革、物価、政府法制、農業農村、貧困問題、重要プロジェクトなどを担当しており、博学で能力が高いと現地の政府幹部や県民らの評価は高い。目立つことを好まず、取材は一切受けないという。(翻訳・編集/TH)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事