あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

高齢者自殺が急増する韓国=65歳以上の45%が貧困という現実―米誌

配信日時:2013年3月30日(土) 18時22分
高齢者自殺が急増する韓国=65歳以上の45%が貧困という現実―米誌
画像ID  377226
25日、米誌タイムは韓国の高齢者の貧困と絶望、自殺率の高さについて取り上げた。2000年からの10年間で韓国の自殺率は倍増した。高齢者に限ればさらに倍という凄惨な現状が浮かび上がる。写真はソウル。
2013年3月25日、米誌タイムは韓国の高齢者の貧困と絶望、自殺率の高さについて取り上げた。28日、新華網が伝えた。

2000年から2010年の10年間に韓国の自殺率は倍増した。高齢者に限れば全体平均よりもさらに倍増している。世界で最も裕福な国の仲間入りをした韓国だが、その高成長の陰で経済に貢献できない人間は意味がないとして、高齢者は価値がないと考えられるようになってしまった。また、年長者を崇拝する儒教社会の伝統も薄れ、高齢者は子どもたちから離れて孤独に暮らしていることが多い。

大家族が解体される一方で、高齢者をカバーすべき新たなセーフティーネットの構築も遅れている。経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で、韓国は社会支出率の最も低い国の一つ。65歳の高齢者の45%が貧困に苦しんでいる。

政府も重い腰を上げ、自殺対策、高齢者対策に取り組んでいる。しかしその力はまだまだ不十分だ。例えば自殺対策に300万ドル(約2億4000万円)を拠出したが、これは日本の200分の1でしかない。(翻訳・編集/KT)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事