コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

大気汚染を3年以内に解決、北京市が誓約―中国

配信日時:2013年3月29日(金) 16時10分
大気汚染を3年以内に解決、北京市が誓約―中国
画像ID  377196
28日、中国・北京市委員会と市政府は「大気汚染」「汚水」「ゴミ」「違法建設」という都市環境を脅かす「根深い問題」の整備・解決に集中的に取り組む構えを示した。写真は16日、濃霧に包まれる北京市。
2013年3月28日、中国・北京市委員会と市政府は「生態文明と都市・農村環境建設のための動員大会」を開催し、「大気汚染」「汚水」「ゴミ」「違法建設」という都市環境を脅かす「根深い問題」の整備・解決に集中的に取り組む構えを示した。新京報が伝えた。

▽北京が対峙する新たな課題「環境建設」

北京市の郭金竜(グゥオ・ジンロン)書記は同大会で、「社会の力を総動員し、首都の生態文明建設を掘り下げて推進し、青い空、豊かな緑、きれいな水を北京に取り戻さなければならない」と強調。また、「現在、生態文明と都市・農村環境を建設する上で、いくつかの新たな局面に立たされている。過度の人口増加、自動車保有台数の急増、資源制約の深刻化など新たな問題が悪化しており、生態環境と公共インフラ・サービスの許容力はかなり厳しい状況に陥っている。また、多くの市民は、気象条件や北京の地理的条件など各種要因の影響による大気の品質や生態環境の問題に対して不満を抱いており、問題の大幅な改善を期待している」と指摘した。

▽「根深い問題」を解決し、市民に新たな都市環境を

郭書記は今後の取り組みの重点として、▽統一計画と最高レベル設計の強化▽管理体制の革新▽新たな投資・融資システムの確立▽科学技術の革新▽中央機構および北京駐在中央直属機構による大々的な支持――の5点を挙げた。

このほか、郭書記は、「組織部門は幹部審査評価システムのさらなる改善を進め、生態環境建設を重要な審査指標に組み入れる必要がある」と提案した。さらに、「紀律検査監察部門は生態環境重大プロジェクトの執行状況に対する監督・検査業務を強化し、生態環境保護に関する責任追及制度を完備し、執行力不足や業務怠慢と判断されたプロジェクトの関係者の責任を問う」と述べた。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/内山
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する