コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国で大量消費される割り箸、自然界の大きな負担に―香港紙

配信日時:2013年3月14日(木) 8時40分
中国で大量消費される割り箸、自然界の大きな負担に―香港紙
画像ID  374651
12日、森林率が20%程度でしかない中国で、大量に消費されている使い捨ての割り箸が自然界に大きな負担を強いている。写真は北京市で朝食を売る屋台。割り箸を“再利用”するために洗って日に干しているところ。
2013年3月11日、中国で現在開催されている全国人民代表大会に出席したある代表が「大量に消費されている使い捨ての割り箸が自然界に大きな負担を強いている」と語ったことを、香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙の報道を環球時報が12日付で伝えた。

吉林森工集団(グループ)の柏広新(バイ・グアンシン)会長によれば、中国で生産される使い捨ての割り箸は年間で800億膳にものぼり、「標準的なサイズの割り箸を並べると北京市の天安門広場が360個分埋め尽くされる」とされる。

中国国家林業局が2009年に行った調査では、中国の国土面積に占める森林面積の割合「森林率」は20.36%で、世界139位。1人あたりの平均森林面積は0.145ヘクタールであり、世界平均の4分の1に過ぎない。柏氏は「使い捨ての割り箸による自然界への負担を解決するには1人1人が自然の浪費をやめてマイ箸を持ち歩くことと、割りばしに替わる代替製品を開発する必要がある」としている。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する