コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

抗日ドラマで悪辣な日本兵演じた日本人俳優、「こんなことあり得ない」と監督に抗議も聞き入れられず―中国

配信日時:2013年3月9日(土) 12時44分
抗日ドラマで悪辣な日本兵演じた日本人俳優、「こんなことあり得ない」と監督に抗議も聞き入れられず―中国
画像ID  374057
7日、中国の抗日ドラマに日本兵役で出演していた4人の日本人俳優がこのほど、「悪役スター」として中国で有名になったことについて、その複雑な胸中を語った。写真は抗日ドラマの撮影現場。
2013年3月7日、南方週末によると、中国の抗日ドラマに日本兵役で出演し、「悪役スター」として中国で一躍有名になった4人の日本人俳優が、その複雑な胸の内を語った。

矢野浩二、三浦研一、渋谷天馬、塚越博隆の4人は中国の抗日ドラマに出演し、一躍「悪役スター」となった日本人俳優だ。矢野浩二は「日本鬼子(日本人、特に旧日本兵に対する蔑称)」を演じるために、大量の抗日ドラマや映画を見た結果、中国人が求めているのは凶暴で残酷な日本兵だということが分かったという。

渋谷天馬は何度も日本兵役のオーディションに参加したが、「痩せすぎで、怖くない。日本兵に見えない」との理由で不合格になることが多かった。あるドラマで雪中行軍の兵士を演じていたとき、馬から飛び降りて農村の娘を強姦する演技をしろと監督に言われたという。「監督、それはあり得ないでしょう?こんなに寒いのに誰もそんなことしませんよ」と文句を言ったが、「君は分かっていない。当時の日本兵はこんな風だったんだ」と監督は主張。仕方なく演技したが、とにかく寒くて凍えてしまったという。

三浦研一は何本かの抗日ドラマに出演して、「監督が欲しいのは本物の日本人ではなく、日本語のセリフが言える人だ」ということを痛感した。塚越博隆も「監督が求めているの凶暴な演技ができる役者」と話している。抗日ドラマで日本兵役を演じるのに疲れた矢野浩二は、2008年からバラエティー番組の司会者を開始。「鬼子」と呼ばれることは少なくなったが、どんなドラマであろうと、日本人の役は必ず最後に死んでしまうのが気になるという。

抗日ドラマのスタッフが「日本人が悪いことをしたのだからお前が代わりに謝れ」と言わんばかりの態度を日本人俳優にとることもある。2009年、塚越がある村で捕虜になっているシーンを撮影中、地面に横たわって気を失った演技をしていると、「この小日本鬼子め!」と叫びながら高齢の女性が突然襲いかかり、彼の首をしめた。監督は最初、エキストラの女性が演技していると思ったのだが、塚越の顔色がおかしいのに気づき、あわてて女性を引き離したという。

この4人の日本人俳優は皆「悪魔のような日本兵など二度と演じたくない」と思っている。三浦研一はある時、日本人留学生に「あんな日本兵の役を演じるのを少し控えてもらえませんか?日本人がみんなあんな風だと思われるので」と言われたことがあるという。(翻訳・編集/本郷)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する