コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

「GDPと健康どっちが重要?」、このままでは数年後にガン患者が激増―中華医学会会長

配信日時:2013年3月7日(木) 20時55分
「GDPと健康どっちが重要?」、このままでは数年後にガン患者が激増―中華医学会会長
画像ID  373746
6日、全人代代表として2回目の参加となる中華医学会会長の鐘南山氏(76)が「国内総生産(GDP)と健康、どちらが最も大切か。真剣にこの問題を考慮しなければならない時となっている」と警笛を鳴らした。写真は今月4日両会の取材陣に囲まれる鐘南山氏。
2013年3月6日、新華社通信の報道によると、中国の第12期全国政治協商会議(政協)第1回会議が今月3日に始まったのに続き、第12期全国人民代表大会(全人代、日本の国会に相当)第1回会議(両会議を合わせて「両会」と呼ぶ)が今月5日に開幕した。両会では、環境問題の悪化が中国人の健康に及ぼす影響に関して、全人代代表として2回目の参加となる中華医学会会長の鐘南山(ジョン・ナンシャン)氏(76)が「国内総生産(GDP)と健康、どちらが最も大切か。真剣にこの問題を考慮しなければならない時となっている」と警笛を鳴らした。

鐘氏は、「以前は、環境問題はまだ先の話で、配慮を加えればそれでいいと考えられていたが、今は配慮などという悠長な問題ではなくなっている。国民の基本的な生活要素が脅かされており、環境問題は危機的な問題となっている」と指摘した。

鐘氏は、2002年に広東省で新型肺炎(SARS)が流行した際、「病院は戦場。戦士である我々が行かなくて、誰が行くのか」と医療関係者を激励し、自らも最前線で治療に当たったことで、一躍有名になった。

一方、最近中国で深刻化している大気汚染に関して、鐘氏は、「非常に重視すべき問題。このままの状態では、数年後にガン患者が激増するだろう。その時になってから行動してもおそすぎる」と緊急を要する問題であることを指摘した。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/内山
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する