北朝鮮核実験に国民歓喜、小麦粉生産量1.5倍に急増―北朝鮮メディア

配信日時:2013年2月16日(土) 13時42分
北朝鮮核実験に国民歓喜、小麦粉生産量1.5倍に急増―北朝鮮メディア
画像ID  370788
15日、北朝鮮の核実験を受け、国民は核実験の成功に沸き、国民の労働意欲が向上。平壤の小麦粉生産量は1.5倍に急増したという。写真は中国江蘇省で働く北朝鮮の女性。
2013年2月15日、環球時報(電子版)によると、北朝鮮の核実験を受け、平壤の金日成(キム・イルソン)広場では軍民祝賀大会が開かれ、各界の代表や市民、軍関係者ら数万人が参加した。北朝鮮メディアによると、国民は核実験の成功に沸き、国民の労働意欲が向上。平壤の小麦粉生産量は1.5倍に急増したという。

北朝鮮メディアによると、平壤の小麦粉工場の生産量は核実験後の12、13日、1.5倍に急増。「実験の成功が労働意欲を刺激した」ためと伝えられた。

また、北朝鮮国営の朝鮮中央通信は14日、「米国は1950年代から韓国に核兵器を持ち込み、半世紀以上にわたって北朝鮮を核の恐怖にさらしている」と非難。今回の核実験が「国家の主権と尊厳を守るため」のものであり、朝鮮半島に対する米国の威嚇を抑え、和平と安定を実現するための選択だとした。さらに「米国が北朝鮮に対して敵対的行動を取るなら、より強力な軍事的報復を受けるだろう」とけん制した。(翻訳・編集/AA)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事