あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

「中国の大気汚染は日系企業に原因」と中国評論家、大気汚染問題が日中の新たな対立点に―米紙

配信日時:2013年2月14日(木) 9時45分
「中国の大気汚染は日系企業に原因」と中国評論家、大気汚染問題が日中の新たな対立点に―米紙
画像ID  370420
8日、米紙ウォールストリートジャーナル電子版は記事「日中の新たな空気の緊張、スモッグ」を掲載した。飛来する汚染物質を懸念する日本に、中国では強い反発も見られる。写真は2日、蘇州市の発電所。
2013年2月8日、米紙ウォールストリートジャーナル電子版は記事「日中の新たな空気の緊張、スモッグ」を掲載した。12日、新華網が伝えた。

尖閣上空に日中の戦闘機が出動した一件。そしてレーダー照射事件と日中間の緊張は高まっている。加えて新たな火種となっているのが大気汚染だ。今年1月以来、中国では大規模な濃霧と大気汚染が数回にわたり観測されたが、その汚染物質は海をわたって日本に到達している。日本の一部地域では微小粒子状物質(PM2.5)の濃度上昇が確認され、中国由来の汚染とみられている。8日、日本環境省は観測網の拡充などの対策を発表した。

中国の大気汚染を懸念する日本の動きに、中国では強い反発も見られる。原発停止に伴う火力発電の拡大や中国の日系企業工場が汚染の要因になっているとコメントした中国の評論家もいる。(翻訳・編集/KT)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事