<尖閣問題>日本車の販売代理店が破綻……国有化以来さっぱり売れず―北京市

配信日時:2012年11月3日(土) 7時46分
<尖閣問題>日本車の販売代理店が破綻……国有化以来さっぱり売れず―北京市
画像ID  354437
1日、北京市朝陽区の日本車販売店が営業を停止した。日本政府の尖閣国有化以来販売不振に陥り、1億円以上の赤字が累積していたという。写真は江蘇省のトヨタ車販売代理店。
2012年11月1日、北京市朝陽区の日本車販売店が営業を停止した。2日、京華時報が伝えた。

営業を停止したのは北京中晟金港汽車銷售服務有限公司。主に広汽トヨタの乗用車を販売していた代理店だが、日本政府の尖閣国有化以来2カ月弱の間、深刻な販売不振に悩まされていた。わずか10台強しか売れず赤字は1000万元(約1億2800万円)以上にふくらんでいたという。

さらに同社が不正な手段で従業員を解雇しようとした疑惑も浮上している。10月分の給与を受け取るためには労働契約解除協議書にサインするよう迫られたと従業員は話している。会社側はこれを否定、あくまで自発的なサインを求めただけだと話している。1日午後時点で従業員は誰一人、サインしていないという。(翻訳・編集/KT)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事