論調一転、反日人士を批判=「訪日旅行に罪はなし、他者に反日を強要するべからず」=中国紙

配信日時:2012年10月24日(水) 10時27分
論調一転、反日人士を批判=「訪日旅行に罪はなし、他者に反日を強要するべからず」=中国紙
画像ID  352978
23日、上海から中国人観光客を乗せたクルーズ船が熊本の八代港に到着し、盛大な歓迎を受けた。一部ネットユーザーから「売国的行為」だとの非難が殺到したが、中国青年報は「訪日旅行に罪はない」とする記事を掲載した。写真はクルーズ船コスタ・ビクトリア号。
2012年10月23日、網易新聞によると、上海から中国人観光客を乗せたクルーズ船が熊本の八代港に到着し、盛大な歓迎を受けた。これについて一部ネットユーザーから「売国的行為」だとの非難が殺到したが、中国青年報は「訪日旅行に罪はない」とする記事を掲載した。以下はその内容。

旅行で日本を訪れた人々が罵られ、上海という地域への侮辱まで現れた。彼らにとって、訪日旅行とは悪逆無道の許しがたい行動なのだろう。

だが、訪日旅行そのものには何の罪もない。どこへ旅行するかはすべて国民の権利であり、日本行きが禁じられているわけでもない。

中日関係の悪化が続けば中国経済にとっても打撃となる。釣魚島(尖閣諸島)の国有化という茶番劇以来、両国の対立状態が生まれているが、中国がこれを望んでいるわけではない。日本の旅行関係者が言うように、「凍った関係を溶かす契機」となれば、わが国にとっても有利なことではないだろうか。

もちろん、日本が一方的に友好関係を破壊しようとするのであれば、われわれはあらゆる手段を取らざるを得ないが、平和友好の機会を逃してはならない。中日どちらにも、民間には両国の友好関係を望む人々がいる。多くの摩擦は日本の一部右翼政治家によって生み出されたものだ。

訪日旅行が何かに反しているとするならば、一部の反日勢力の個人的意志に反していると言えるだろう。自分の意見に同調することを強要し、何に反対するか、それが法や道理に叶っているかどうかはお構いなしだ。彼らの意志に背いて「制裁」を受けた被害者がどれだけいるだろう。西安では日本車のオーナーが頭蓋骨を割られ、大量の日本車が破壊され、合法的な財産の侵害を受けた。

日本車を買うのも、訪日旅行も、自分の権利として消費活動をする罪のない中国人だ。一部の人間がそれを侵害して反日を強要している。

中国を侵略する前の日本でも、皆が戦争に熱狂していたわけではなく、反戦派がいた。ファシズムがそれを徹底的に弾圧し、尾崎秀実を始めとする反戦派は悲惨な運命をたどった。中国の反日人士たちも、同じように国内の同胞に対して冷酷な仕打ちをしているのではないか。

他人に反日を強要することは、他者の権利、社会的ルールを尊重しない、きわめて自己中心的な行為だ。彼らが掲げるのは「我に逆らう者は滅びるべし」というルールであり、法律や道徳を持たない、危険なロジックである。(翻訳・編集/岡本悠馬)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事