英国に“マンバギャル”出現!日本のギャル文化が欧米でブームに―中国紙

配信日時:2012年9月11日(火) 22時7分
英国に“マンバギャル”出現!日本のギャル文化が欧米でブームに―中国紙
画像ID  346069
10日、日本のギャルファッションが欧米の若者の間でブームになっている。写真は渋谷のギャル。
2012年9月10日、日本のギャルファッションが欧米の若者の間でブームになっている。上海の夕刊紙・新民晩報が英BBC放送の報道として伝えた。

ミニスカートに厚底靴、デカ目、ルーズソックス、ガングロ―。日本女性のイメージをガラリと変えたギャル文化。結婚して子どもを生んでもギャルファッションを貫き、ギャルママへと進化するというから驚きだ。おしゃれに敏感なギャル&ギャルママの経済効果は不況の日本にとってまさに救世主。その勢いはとどまるところを知らず、近年は世界進出も果たしている。

ガングロにパンダメイクを施した“マンバギャル”は、日本ではあまり見かけなくなったが、欧米の若い女の子たちにとってはまだまだイケてるらしい。英国在住のアイリスさん(18)もその1人。動画サイトで日本のギャルメイクを猛勉強した。透き通るような白い肌のアイリスさんだが、濃い色のファンデーションでガングロに。目の周りと唇を白く塗り、派手色のウィッグとたっぷりボリュームのつけまつげで完成だ。

日本政府もこうしたサブカルチャーの海外での人気の高さに着目。「クール・ジャパン」政策として国を挙げて大々的に売り込む方針を示している。(翻訳・編集/NN)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事