制作費1億5000万円の国産アニメ映画、あまりの出来の悪さに非難殺到―中国

配信日時:2012年6月7日(木) 21時5分
制作費1億5000万円の国産アニメ映画、あまりの出来の悪さに非難殺到―中国
画像ID  332041
7日、中国で1200万元(約1億5000万円)もの巨費を投じて制作されたアニメ映画のあまりの出来の悪さに、ネットユーザーや業界関係者から非難が殺到している。
2012年6月7日、中国で1200万元(約1億5000万円)もの巨費を投じて制作されたアニメ映画のあまりの出来の悪さに、ネットユーザーや業界関係者から非難が殺到している。人民日報が伝えた。

酷評されているのは6月1日の「児童節(こどもの日)」に合わせて公開されたアニメ映画「戚継光英雄伝」。中国・明代(1368〜1644年)の武将、戚継光(せき・けいこう)の偉業を描いた歴史超大作なのだが、予告編が公開された時点であまりの出来の悪さにネットユーザーや業界関係者から怒りと疑問の声が噴出した。

とにかく、驚きなのがそのクオリティーの低さ。全体的に絵が雑で、登場人物の動きもぎこちない。ネット上では「フラッシュ並み」「このレベルで劇場公開とは」「どうすればこんな大金がかかるのか?」など非難が殺到。中国アニメの尊厳を傷つけられたとして、関係者13人が連名で抗議文を公開する騒ぎに発展している。

抗議文によると、中国のアニメ映画の制作費は通常、90分のもので約18万元(約225万円)、どんなにかかっても200万元(約2500万円)が限度。そう考えると、本作の制作費1200万元のうち、1000万元は使途不明金と言われても仕方がない。

これに対し、本作を制作した浙江省余姚市の「浙江河姆渡動漫文化発展有限公司」は公式ミニブログで「1200万元は脚本、制作、宣伝、公開、そして関連本やグッズなどの開発費用」とその正当性を主張している。(翻訳・編集/NN)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事