<在日中国人のブログ>日本を恨んでいた中国人留学生が、日本を好きになった理由

配信日時:2018年5月31日(木) 23時30分
日本を恨んでいた中国人留学生が、日本を好きになった理由
画像ID  994066
私はよく本屋さんを巡っている。日本の本屋さんでは、中国関連の本が大きく分けて二種類ある。一つは「三国志」「史記」「水滸伝」といった中国の時代小説。もう一つは、いわゆる「嫌中本」である。写真は日中の書店。筆者提供。
私はよく本屋さんを巡っている。日本の本屋さんでは、中国関連の本が大きく分けて二種類ある。一つは「三国志」「史記」「水滸伝」といった中国の時代小説。もう一つは、いわゆる「嫌中本」で、現在の中国の政治・社会を批判するものである。その中でも典型的なものは「中国崩壊論」である。

その他の写真

中国の本屋さんはどういう状況になっているだろう。随分以前から、大型書店では日本人作家の作品が多く並んでいる。大勢の中国人は堂々と日本文化と付き合っているのである。

日本では「嫌中」の本があるので、中国でも「反日」の本があるではないか、と思われるかもしれないが、中国の「反日言論」はほとんどネットのもので、本はほとんど見当たらない。そもそも本にまとめる意味がないのだろう。中国の書店の日本文学コーナーを見ると、現在、中国人が読んでいる日本の本の大部分が「旬の作家」の作品だと分かる。例えば、東野圭吾氏の小説。日本で出版されると、間もなく中国語の訳本も出される。

4月10日、中国メディアによる「中国でよく売れている外国人作家ランキング」が発表された。1位と2位には日本作家の東野圭吾氏と村上春樹氏がランクインした。

特に東野圭吾氏の作品は中国で最もよく売れている。私はかつて中国の友人に「なぜ東野圭吾氏の小説が好きなのか」と聞いたことがある。友人は「今の日本を反映していて、普通の日本人が描かれていて、娯楽性がたっぷりだから」と返答した。

10年前、東野圭吾氏の小説「容疑者Xの献身」が中国で紹介され、大人気を得た。それ以降、中国でファンが増えている。「容疑者Xの献身」と「ナミヤ雑貨店の奇蹟」はすでに中国で映像化された。

先日、新宿区にある漱石山房記念館を見学した時のことだ。同館の管理人さんは「昨年9月に記念館が竣工してから、多くの中国人観光客が来ていますよ。中国語のパンフレットも作りました」と教えてくれた。中国人観光客が漱石山房記念館を訪問していることを中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でつぶやいたところ、ネットユーザーから「私は日本旅行で夏目漱石のお墓に行った。そこで数人の日本の大学生に出会い、彼らは夏目漱石が中国でも愛されていることを意外だと語っていた。私が読んだ夏目漱石の作品の数々を挙げると、彼らはびっくりしていた。日本人が想像する以上に、中国人は日本文学に愛着を持っていると思う」とのコメントが返ってきた。一方で、現在の中国の文学作品はあまり日本で紹介されていない気がする。もちろん、日本人の好みに合う作品が少ないのかもしれないが。

日本貿易振興機構(ジェトロ)の資料によると、2017年、日本の中国に対する貿易収支は4億4196万ドルと、6年ぶりに黒字に転じた。日本の中国に対する「文学輸出」はこの十数年間、ずっと素晴らしい「黒字」である。日本の図書館では、ノーベル文学賞を受賞した中国人作家・莫言(ばく・げん)の作品のほか、賈平凹(か・へいおう)、閻 連科(えん・れんか)など中国で知名度が高い作家の本は並んでいるが、これからもっと多くの中国の若手作家たちが日本で紹介されてほしいと思っている。

本屋さんの中の「日中関係」を見ると、中国人はファション・音楽・文学など幅広く日本の「今」に注目している。一方で、日本人は「昔の中国」に愛着を持っている気がする。中国の「今」に違和感を持っている日本人が少なくないだろうか。つまり、現在の中国の政治制度を嫌いになってから、現在の中国事情を知る興味が段々となくなったということだ。

実は、中国人が日本の関連書籍を読む理由は、必ずしも好きだからではない。「日本論」を研究するため、日本のことをもっと詳しく知るために読む人もいる。私が以前取材した在日中国人留学生は、おそらく教育の影響で子どものころから日本に「恨み」を持っていた。高校を卒業した後、「日本人と日本語で論戦すること」を目的に日本にやってきた。日本の大学に入学し、たくさんの日本文化の本を読み、その結果、日本を好きになったという。彼は日本に対し「恨み」から始まり、「愛情」にたどり着いたのだ。

毎年、日本でも中国でも、国民の「対中感情」「対日感情」に関する世論調査が行われる。そのような世論調査を見るより、本屋さんで日中関係事情を探り、人々が相手国の文化に対する関心度を分析していくほうが、楽しみながら真相を知ることができるのではないかと思う。

■筆者プロフィール:黄 文葦
在日中国人作家。日中の大学でマスコミを専攻し、両国のマスコミに従事。十数年間マスコミの現場を経験した後、2009年から留学生教育に携わる仕事に従事。2015年日本のある学校法人の理事に就任。現在、教育・社会・文化領域の課題を中心に、関連のコラムを執筆中。2000年の来日以降、中国語と日本語の言語で執筆すること及び両国の「真実」を相手国に伝えることを模索している。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 911***** | (2018/06/02 13:55)

    二千年前のチャイナの文字で日本の事が解る 二千年後の情報媒体はなんだろう
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/06/02 01:28)

    中国人が本自体をあまり読まないって記事がレコチャにあった気もするが。 本。突き詰めれば「紙と文字」は情報の根幹だ。紙の部分がモニターになり、文字がデジタルデータになっても基本的には変わらない。そして、意味を成す文字の羅列が文であり、その文を娯楽や芸術に昇華させたのが文芸や文学だ。別の言い方をすれば、「言葉遊びの粋」とも言える。 日本人は殊に言葉遊びが大好きだ。五七五の俳句や川柳から、五七五七七の短歌。ダジャレや標語や韻を踏んだ歌の数々も。同音異義語も多いから、遊べる反面日本語は複雑怪奇な言語でもある。 そして日本語ばかりでなく、言語や文芸・文学には、その国の人間の内面や生き方が記されてもいる。だから「日本を知るため」に「日本の本を読む」というのは理に適っていると言えよう。 逆に日本人が書いた嫌中本なんかより、現代中国の文学でも読んだ方が、今の中国を知るのにはうってつけという事になるか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大高富***** | (2018/06/01 10:19)

    中国に反日の本が少ないのは、書物は将来手軽な”証拠”として残る可能性が高く、中共の中国国民に行ってきた対日歴史や事情等々の嘘が後世バレることを恐れるからではないでしょうか。中国には本が少なくても”反日ドラマ”は毎日の様にあります。本は個人所有を含め回収が困難ですが、ドラマは一過性で放送局等を抑えれば広がりません(中共が嘘をついていたことも隠せます)一方、日本には”反中ドラマ”は全くと言ってありません。 現在の中国の政治体制を嫌っているのは日本人のみではありません。数多くの世界の人々が嫌っており、この為一般の善良なる中国人までもが世界で誤解を受けているケースも多いと思います。もっとも中共はそんなことは歯牙にもかけないでしょうが…。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事