コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

懸念される「豊かな国になる前に老いた国となる」危険=高齢化の加速で―中国

配信日時:2012年4月10日(火) 6時17分
懸念される「豊かな国になる前に老いた国となる」危険=高齢化の加速で―中国
画像ID  323135
8日、広州日報は中国の高齢化について伝えた。2011年末、中国本土の65歳以上の高齢者は1億2300万人に達した。中国は2026〜27年に高齢社会に突入すると専門家は予測している。写真は江蘇省南京市の公園でくつろぐ高齢者。
2012年4月8日、広州日報は中国の高齢化について伝えた。2011年末、中国本土の65歳以上の高齢者は1億2300万人に達した。これは総人口の9.1%を占め、欧州全体の高齢者総数を超えるという。

また中国は2026〜27年に、65歳以上の高齢者の総人口に占める割合が14%に達し、高齢社会に突入すると専門家は予測している。

さらに、2050年には労働人口と高齢者の比率は、2000年の10:1から2.8:1となり、労働人口は激減するという。

このほか、多くの専門家は、中国の経済発展が未成熟なまま、高齢化が先に進んでしまい、国は豊かになる前に老いてしまうと考えている。(翻訳・編集/内山)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事