世界で人気の日本の餃子、世界で孤立する中国の餃子―中国コラム

配信日時:2018年5月11日(金) 11時20分
世界で人気の日本の餃子、世界で孤立する中国の餃子―中国コラム
画像ID  990006
10日、中国のポータルサイト・網易は、日本と中国の餃子に関するコラムを掲載した。コラムではそれぞれの特徴がつづられている。資料写真。
2018年5月10日、中国のポータルサイト・網易は、日本と中国の餃子に関するコラムを掲載した。コラムではそれぞれの特徴がつづられている。以下はその概要。

中国では主に東北地方で水餃子が一般的に食べられている。第二次世界大戦時に中国東北地方に赴いていた関東軍や満州開拓団が戦後日本に引き返した際に広め、日本で餃子が一般的な食べ物として普及した。

中国では水餃子の残りを焼いて食べることがあるが、日本の焼き餃子はこれをもとにしているといわれている。焼いた方が香りが良くおかずにも適しているため、日本では焼き餃子が普及したされており、日本で焼き餃子の位置づけはあくまで「おかず」である。この点は水餃子を主食と捉える中国人にはなかなか理解できないことだ。

日本の「餃子の王将」は2005年に中国に進出したが、中国人に受け入れられず2014年に撤退している。中国の餃子の餡(あん)は一般的にニンニクが入っていないが、日本の餃子にはニンニクが入っていることが多く、この違いも受け入れられなかった要因の1つと言える。

日本式の餃子は中国では受け入れられなかったが、仏・パリや英・ロンドンなどには日本の焼き餃子を売りにした「GYOZA BAR」が人気になっており、行列ができることも珍しくないという。中国の本場の水餃子を海外で口にすることもできるが、その多くはチャイナタウンの中にあるレストランで、欧州の各都市にとけ込む日本の焼き餃子とは違い、現地の文化から孤立した存在となっている。(翻訳・編集/内山
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/05/13 22:07)

    日本で売られている中華料理は、日本人が作っている前提で書いているが現実は、在日中国人が中華料理を日本の食材で作った事から始まっている。 日本は中国のように良き歴史を永遠に続けるのではなく向上心によってより良くより改善していくのが日本式だ。 日本の野菜も栄養のバランスが改善していく事によりそれを使う料理もどんどん進化している。 当然だが日本でも水餃子も在るが日本にはすいとん(素朴で質素な食べ物)と言う食べ物が有名過ぎて水餃子が欲しいとは思わない。 餃子も日本にある店は殆ど店によって独自の味で店を比べるとまるで別のものを食べている気がする程だ。 日本の「餃子の王将」は中国人が多く働いていて、日本人には本場の味だと思われている。 日本人にとって、水餃子は本格的な中華料理であって焼き餃子は、ビールのお供(つまみ程度。)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 911***** | (2018/05/12 18:43)

    皮が厚い   納得
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2018/05/12 15:12)

    本場中国のは中国で食べた事あるが、皮が厚いが蒸してあるので 皮の存在が全く邪魔にならない為 私としては 焼きギョーザより水ギョーザの方が好きである。 とても旨かったという思い出/記憶がある。 旨い物は 理屈抜き旨いとツクヅク思う。 因みに、食べ物を評価する時 食レポなどでも“旨い”“美味しい”以外に味覚(フィーリング)は表現出来ないのである。  5管(センサー/感覚器)の中の味覚や触覚や嗅覚や聴覚(4管/4つの感覚器管)は 視覚(イメージ/感覚像/想像上)ではないので 例え話は出来ないのである。 「ナシをリンゴの様な」とは言えない先に ナシはナシであり・リンゴはリンゴとしか言えない。・・・・よって、古くから 絵にも描けない美しさ、筆舌に尽くし難しなどと言っている訳なのである。 それを食レポお笑い芸人が 「リンゴとナシのコラボレーション(ミックス)や~」などと遂最近まで流行していた。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事