日本に中国人が押し寄せて来ていることを、日本人はどう思っているのか―中国コラム

配信日時:2018年5月1日(火) 12時50分
中国人が押し寄せて来ることを、日本人はどう思っているのか
画像ID  987210
30日、観察者網は、「日本人は、日本に続々やってくる中国人に対してどう思っているのか」とするコラムを掲載した。資料写真。
2018年4月30日、観察者網は、「日本人は、日本に続々やってくる中国人に対してどう思っているのか」とするコラムを掲載した。以下はその概要。

法務省の統計によると、昨年6月末で在日中国人の数は76万5844人となっている。日本のどこにいても中国人に巡り合うというのはもはや珍しいことではなくなった。では、大量に中国人が国内に入ってくる問題について、日本人はどう考えているのだろうか。

日本人が一般的な中国人(観光客や学生を含む)に対して抱く印象は、中国人の言動によって左右される部分が大きい。しかし言動の是非を判断する基準は、日本社会の文化やルールであり、中国人が日本人の予期しない行動に出れば、日本人は中国人に対してネガティブな印象を持つ。これまで、中国人の言動が日本人の想定を逸脱するケースはかなりあったはずである。

一方で、中国人は日本の枠にとらわれることを好まず、適応しない。そして、血統主義の民族観や文化的な習慣から、中国人同士で群れて生活する状況になりやすい。日本社会と中国人との間には、越えることの難しい壁がある。東京の日本人の知り合いは、コンピューターの専門学校に入った際に学生のほとんどが中国本土や香港、台湾出身だったという。中国人学生らはいつもつるんで行動しており、まるで自分が中国留学に来たような感覚だったそうだ。

近年、日本では外国人をいかにして社会に融け込ませるかが重要な課題になっている。しかし、大量の外国人が押し寄せることで日本人が感じるのは恐怖であり、恐怖が民族主義的感情に火をつける。それはまさに、「中国や中国人が嫌いだったわけじゃない。でも実際北海道では人口が減って、代わりに中国人が増えている。いつか中国人の街に変わってしまうのではと思うと、自分の故郷を守るという意識から中国人のことを好ましく思わなくなってしまう」という、北海道で生まれ育った友人の言葉の通りなのである。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • としあ***** | (2018/05/07 06:46)

    中国人観光客は元気で好奇心旺盛でうらやましいとは思うね。旅行通に至ってはとてもよく事前に調べていて、日本人の旅行通をうならせるような場所にも積極的に行っているし。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/05/04 14:58)

    日本人は申し訳ないが中国人が思っている程気にしていない。 中国人が勘違いしている中国人に優しく親切にしようという気持ちは無い。 はっきり言って日本人でも韓国人でも中国人でもお客さんだとしか思っていない。 中国は昔を大切にしてずっと同じ事を続ける民族。 韓国は周りの真似をして起源は俺だと言い張る国民。 日本人はお客のためと言いながら少しづつ何かを向上させたがる民族。 ネットで中国を見下しているのは総て韓国人であり在日中国人は観光客の中国人に怒りを持つ。【住み易い空間を中国人に荒らされたくないらしい。】 日本人はその状況を受け入れるだけだからそれに嫌だとは思わない。 ただ中国人が勘違いしているのは、日本の観光客とは有名所で今は、日本市民の生活に溶け込もうとしているので聞けば教えるが無理に日本の型に嵌め様とはしないだけ。 中国人も日本人の真似をしなくても自分なりに楽しめばそれで善いよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/05/01 20:22)

    >いつか中国人の街に変わってしまうのではと思うと 中国人の街とは〈中華街〉のことか。国内には数多くの中華街があるが、『日本を奪われる』なんて心配するものはいない。むしろ心配なのは『投資目的で日本の土地を買って、日本に税金を納めない不在地主』である。日本に定住するなら出身は問わないつもりだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事