ドゥテルテ比大統領、慰安婦像撤去を支持「日本を侮辱すべきでない」―中国メディア

配信日時:2018年4月30日(月) 17時10分
ドゥテルテ大統領、慰安婦像撤去を支持「日本を侮辱すべきでない」
画像ID  987012
29日、フィリピンの首都マニラのロハス通りに設置された旧日本軍の慰安婦問題を象徴する女性像が撤去されたことについて、ドゥテルテ大統領は「公共の場所への設置は、日本を侮辱するものだ」とし、撤去を支持する意向を示したという。写真はドゥテルテ大統領。
2018年4月29日、中国メディアの騰訊網によると、フィリピンの首都マニラのロハス通りに設置された旧日本軍の慰安婦問題を象徴する女性像が撤去されたことについて、ドゥテルテ大統領は「公共の場所への設置は、日本を侮辱するものだ」とし、撤去を支持する意向を示したという。

27日夜に撤去された慰安婦像について、マニラ市の当局者は「中央政府が下水道改良事業のため撤去した」と話していた。

昨年12月に設置された慰安婦像をめぐっては、在フィリピン日本大使館が遺憾の意を表明したほか、今年1月にマニラを訪れた野田聖子総務相がドゥテルテ政権に日本政府の立場を伝えていた。

フィリピンメディアによると、ドゥテルテ大統領は29日の記者会見で「日本政府は多くの代償を支払ってきた。賠償は数年前に始まった。日本を侮辱すべきでない」とし、「日本政府は謝罪している。慰安婦問題を繰り返し持ち出すことは、元慰安婦やその子孫に痛みや苦しみをもたらすだけだ」と述べたという。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 9

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/05/01 20:58)

    ドゥテルテ大統領の個人的意見と言うより、フィリピン国民が慰安婦問題に巻き込まれたくないと思っているのだろう。日本から賠償金が貰えないことは誰でも予想できるし、中国系の市民団体から寄付金を徴収されるだけだ。寄付を断れば『自分の妻や娘が慰安婦にされても同じことが言えるのか』と脅されてしまう。もうウンザリなのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2018/05/01 19:41)

    「死んでしまった者」のことを 記憶を呼び起こして わざわざ嘆き悲しんで苦しむ幼稚なままの者達と「過去の記憶」と潔く決別して 立ち直り・心新たなに再起するという心の成長/心の切り替えが出来ない人達がいるが 子供から大人に切り替わる「反抗期」に見られる特徴であるに他ならないが、未だに「心理学者」や「精神医」が解き切れていない・入り込めていない分野である。    (爆)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2018/05/01 19:28)

    日本は これまで天皇陛下をはじめ首相が60回以上謝罪して来た事実と賠償してきた実績が歴然とある。 「慰安婦」の悲劇と過ちを二度と起こさない様にという言葉や「誠意」が感じられないという言葉を使って 二度でも三度でも永遠に続け様とする因縁/怨念/苦痛をを当事者以外の者達が世代を超えて一方的に繰り返し続けている先に いつしか 最早 「被害者」と「加害者」の立場が何時しか逆転してしまっているに過ぎない。 学門から外れている人間の持っている無意識・無自覚の次元の死角の世界・盲点・盲域・欠点・弱点/ヤクザの論理/タダッ子の論理/理/悪魔の論理/錯覚/人情・感情の世界/迷界・迷宮・迷いの次元/堂々巡り・水掛け論に入り込んでしまっているだけに過ぎない。 「被害者」と「加害者」との関係に 「被害者」に共通の払拭できない感情移入/気持ち/記憶/過去/生前のイメージを蘇らせている幼稚な構造であるに過ぎない
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事