北朝鮮の労働新聞、「南北首脳会談」6面中4面で報道、写真60枚掲載=韓国ネット「本気であることを、ある程度は認める必要がありそう」

配信日時:2018年4月29日(日) 12時40分
北朝鮮の労働新聞、「南北首脳会談」6面中4面、写真60枚掲載
画像ID  986731
28日、北朝鮮労働党機関紙の労働新聞は、前日行われた韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩委員長の南北首脳会談の様子を、6面のうち1〜4面を使い伝えた。資料写真。
2018年4月28日、聯合ニュースなど複数の韓国メディアによると、北朝鮮労働党機関紙の労働新聞は、前日行われた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の南北首脳会談の様子を、6面のうち1〜4面を使い伝えた。南北首脳の初対面から別れまでの全過程を61枚の写真とともに掲載した。

労働新聞は1面トップで、金委員長が板門店の軍事境界線を越えたことを伝え、南北首脳が軍事境界線を挟んで握手する写真を紙面最上部に配置した。また儀仗隊の検閲や南北公式随行員らと両首脳の挨拶など歓迎行事の場面を掲載した。

労働新聞はまた、「元帥(金正恩委員長)の確固たる決意と意志、非凡な指導によって、民族の和解と団結の新春が始まり、自主統一の明るい夜明けが訪れている」と伝えた。特に、文大統領と金委員長が署名・発表した板門店宣言全文にも「北と南の完全な非核化を介して核のない朝鮮半島を実現するという共通の目標を確認した」とする文言を含めた。

聯合ニュースは、「北朝鮮の住民が見るメディアである労働新聞にも『完全な非核化』の文言を入れたのは、自らの非核化の意志を対内的にも公式化するという意味として解釈できる」と分析した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「ここまで記載したのなら、本気であることを、ある程度は認める必要がありそう」「労働新聞の内容を、このような穏やかな気持ちで見るのは初めてだ」「国内の新聞より労働新聞の方が優れているかも?」など、労働新聞の内容を評価する意見が寄せられた。

また、「感動的な一日だった」「完全な一致でなくても、歩み寄りができてきたことはよかった」「南北の状況が熟したら、統一も可能だと思う」「やはり同じ民族なんだと思った」など、南北首脳会談への好意的な意見が多く寄せられた。

一方で、「何から何まですべて大韓民国の犠牲を強要する合意のようにみえるが、われわれの税金でなぜ北朝鮮を助けなければならないのだ?半世紀以上、思想と理念が異なる環境の中で生きてきた私たちは一緒にはなれない。金王朝の独裁政権があるかぎり、北朝鮮は変わることのない集団」と、南北統一へ向けた動きへの懸念の声もみられた。(翻訳・編集/三田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事