あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

日本を訪れた中国人、震災後1年で激増、放射能漏れを心配する韓国人は減少―韓国メディア

配信日時:2012年3月11日(日) 13時5分
日本を訪れた中国人、震災後1年で激増、放射能漏れを心配する韓国人は減少―韓国メディア
画像ID  318987
10日、東日本大震災から1年、日本を訪れた中国人が震災前より増えているのに対し、韓国人は現在も前年比マイナス30%と低迷を続けている。写真は岩手県の農場で行われた冬祭り。
2012年3月10日、韓国紙・中央日報(電子版)によると、昨年の東日本大震災から1年間で日本を訪れた中国人の数は激増。しかし韓国人観光客の数はいまだに回復していないという。中国の環球網が伝えた。

今月1月に日本を訪れた中国人は13万8400人。震災前の昨年1月に比べ、40%近くも増加。震災直後に激減した中国人の訪問客数は昨年10月にプラスに転じた。しかし、10年以上も日本の最大顧客だった韓国人観光客の数は回復していない。震災直後の昨年4月、前年比で60%以上も減った韓国人訪問客数は、現在も前年比マイナス30%台。11年も最多だったが、2位の中国観光客との差は大きく縮小した。

日本政府は観光客の誘致に必死だが、韓国人の反応はいまひとつ。「日本は放射能で危険な国」という認識を韓国人が変えないかぎり、訪問客数の回復は望めない。最近ソウルで行われた調査では「日本を観光しても問題はないと思うか」という質問に対し、「問題ない」と答えた回答者はわずか26%で、在日韓国人の59%に比べて不安感が強いことが分かる。また83%が「日本を観光したいが、食品や空気中に含まれているかもしれない放射性物質のためにためらっている」と回答。このため日本の観光庁は「放射能の危険性は福島原発周辺などの一部に限られ、食品などに問題はないということを積極的に広報していく」と話している。(翻訳・編集/本郷)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<







/body>